シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ナイロビの蜂
(C) 2005 Focus Features, LLC
英題:
THE CONSTANT GARDENER
製作年:
2005年
製作国:
イギリス
日本公開:
2006年5月13日
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ Powered by ヒューマックスシネマ
ビスタ/Dolby Digital/SDDS/カラー

チェック:『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が、冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの原作を映画化。妻の死に世界的な陰謀の存在を嗅ぎ取った主人公の心の旅路を、ナイロビの雄大な自然を背景に映し出す。命を賭けて謎に迫る夫を『イングリッシュ・ペイシェント』のレイフ・ファインズ、不慮の死を遂げる若妻を『コンスタンティン』のレイチェル・ワイズが熱演する。愛の強さと尊さを壮大なスケールで描き出す感動作。

ストーリー:アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻が追っていた事件がイギリスの薬品メーカーによる現地の人々を使った人体実験であることを突き止める。

ナイロビの蜂
(C) 2005 Focus Features, LLC

写真ギャラリー

Focus Features/Photofest/MediaVast Japan


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ナイロビの蜂』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ナイロビの蜂 from MneMe fragments (2011年5月6日 0時6分)
     THE CONSTANT GARDENER (2005) 監督: フェルナンド・メイレレス原作: ジョン・ル・カレ音楽: アルベルト・イグレシアス出演: レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン とても美しい映像なんですよね。  妻の死により、妻の生前の足跡を追っていくことで彼女の真の姿と秘密と愛情を見つける。この作品ってメロドラマなんだと思ってたんだけど、それだけではないアフリカの貧困、医療利権という闇も同時に見せてくれるものでし ...[外部サイトの続きを読む]
  • ナイロビの蜂 <陰謀説inアフリカ> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年3月6日 19時53分)
    よくわからないうちにエロイ。 アフリカの景色とサウンドは良いな。 複雑な思いや設定を絡めてる。 おおー!やっとわかって来たぞ。ここまで約1時間。 今の時代らしいPCの使い方だ。 陰謀になってキター。 ブラッド・ダイヤモンドよりも好きかなぁ。 ん?レイチェル・ワイズなの? 別人みたいで、わからなかった。 ナイロビの蜂 - goo 映画 ・ナイロビの蜂@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movie/T0004338 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ナイロビの蜂」 from のほほん映画鑑賞 (2009年7月15日 10時22分)
    革命女子と草食系男子の愛の物語。 それは、しばしの別れのはずだった。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに…。 ジャスティンに事件を報せたのは、高等弁務官事務所所長で、友人でもあるサンディだった。 テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された。 彼女は黒人医師アーノルドと共に、スラムの医療施設を改善する救援活動に励んでいた。 今回もその一環のはずだったが、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ナイロビの蜂】 from Cinema and more (2009年4月13日 20時1分)
    2005年 イギリス 〔社会派ドラマ〕 128分 ○監督 : フェルナンド・メイレレス ○出演 : レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト ほか ≪あらすじ≫ それは、しばしの別 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 薬品会社の陰謀  映画 「ナイロビの蜂」 from 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 (2007年10月27日 8時3分)
    映画 「ナイロビの蜂」 評判になるだけあって、素晴らしい作品でした。 社会派で、不正をただすような内容だとなんとなく知っていて、ちょっと面倒くさそうだなと思って、敬遠... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月8日の週の公開作品
  3. 『ナイロビの蜂』