シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ダブルD・アベンジャー

ダブルD・アベンジャー
(C) 2005 BIO-TIDE AND ASSOCIATES. All Rights Reserved.
英題:
THE DOUBLE-D AVENGER
製作年:
2001年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2006年2月11日
(シアター・イメージフォーラム)
上映時間:
配給:
バイオタイド
カラー/スタンダード/ステレオ

チェック:2004年に惜しまれつつ他界したエロス&バイオレンスの巨匠ラス・メイヤー監督をしのび、伝説の巨乳女優『ウルトラ・ヴィクセン』のキトゥン・ナティヴィダッドら、彼が愛した女優たちが、25年ぶりに一堂に会した注目作。熱烈なメイヤーのファンであるウィリアム・ウィンクラーが監督を務め、青と赤のコスチュームに身を包み巨乳を武器に悪を倒す正義のヒロインの活躍を描き出す。みうらじゅんによるツボを押えた字幕監修も要チェック。

ストーリー:人気パブの女主人、チャスティディー(キトゥン)は、ある日、女医(レイヴン)に乳ガンを宣告される。しかし、奇跡の治癒力を持つ伝説の巨根果実“クロコジラ”の存在を知った彼女は、南米へと向う。ガイドと女酋長の助けで果実を手に入れた彼女だったが、乳ガンが完治するだけでなく、超絶倫パワーも備わってしまい……。

ダブルD・アベンジャー
(C) 2005 BIO-TIDE AND ASSOCIATES. All Rights Reserved.

スタッフ

監督・脚本・製作:
字幕監修: みうらじゅん

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • あんまりカタいこと言うなよ?! 『ダブルD・アベンジャー』 from 海から始まる!? (2006年3月2日 15時13分)
    終映後、場内は微笑ましい笑顔に包まれる。  本作は、物語も演技も、C級またはそれ以下ですが、最初からこういうもの(おバカな映画)であろうと予想して観にやってきて、まさに予想通りのものであったと思えば、自然とこうした笑みが生まれるのでしょうか。くだらないとわかっていながら、それでも観に来てしまった自分に対する自嘲的な意味合いもあるのでしょうが、否定的なニュアンスは全く感じられませんでしたね。  こういう映画の楽しみ方を知っている人が、まさにこの映画が提供するものを十二分に楽しんだという... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年2月6日の週の公開作品
  3. 『ダブルD・アベンジャー』