シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスミンの花開く

ジャスミンの花開く
(C) My Way Film Co.Ltd. JAPAN SKYWAY
英題:
茉莉花開
製作年:
129年
製作国:
中国
日本公開:
2006年6月17日
(シネスイッチ銀座 ほか)
上映時間:
配給:
日本スカイウェイ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:『初恋のきた道』などのチャン・イーモウ監督作品のカメラマンであるホウ・ヨン監督が初めてメガホンをとった女性讃歌。激動の時代を生きた三世代の女性たちの姿を力強く描く。主演は『SAYURI』などで国際派女優として注目されているチャン・ツィイーが務める。共演は『赤い薔薇、白い薔薇』のジョアン・チェンや、『PROMISE』のリィウ・イェ。チャン・ツィイーが茉・莉・花という3人の女性にふんし、それぞれまったく違うキャラクターを魅力的に演じ分けた。

ストーリー:1930年代の上海で、茉(チャン・ツィイー)は母(ジョアン・チェン)の反対を押し切り女優への道を歩み始めるが、これからという時に妊娠してしまう。同じ頃日本軍が中国に侵攻し、失意の中茉は娘の莉(チャン・ツィイー)を生む。1950年代、莉は労働者階級の偉(ルー・イー)と結婚するが不妊症だとわかり、養女として花(チャン・ツィイー)を貰い受けるのだが……。

ジャスミンの花開く
(C) My Way Film Co.Ltd. JAPAN SKYWAY

スタッフ

監督:
原作: スー・トン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジャスミンの花開く from シネマDVD・映画情報館 (2010年2月4日 9時43分)
    スタッフ 監督:ホウ・ヨン キャスト チャン・ツィイー ジョアン・チェン チアン・ウェン ストーリー 激動の上海を背景に、“茉”“莉”“花”という三世代の女性の、恋や壁に当たりながらも生きる姿を描いたドラマ。監督は、「初恋のきた道」「至福のとき」のカメラマンとして活躍し、本作が初監督作品となるホウ・ヨン。出演は「初恋のきた道」「SAYURI」のチャン・ツィイー、「ラスト・エンペラー」のジョアン・チェン、「紅いコーリャン」のチ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジャスミンの花開く」チャン・ツィイーのプロモ保存版 from soramove (2006年7月30日 10時47分)
    「ジャスミンの花開く」★★★☆ チャン・ツィイー ジョアン・チェン主演 ホウ・ヨン監督、2004年、中国 映画チラシのコピーに 「アジアの宝石」とあるが、 その形容が正しいかどうかはともかく、 この映画でチャン・ツィイーは、 少女の初々しさと、 女性の持... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジャスミンの花開く」を観る from 紫@試写会マニア (2006年7月21日 19時54分)
    どうやら試写会のアタリが頭打ち。 「シネマ欠乏症」になりそうだったので、単館作品で‘一服の清涼剤’を補給してきました。 チャン・ツィーが、駆け出しシネマ女優、その娘、その娘の養女、と50年以上同じお屋敷に住み続けるとある女系三世代の一生をそれぞれ演じた作品を観てきました。 (全体的にネタバレです、今後順次地方興行予定ですので、ご注意を。) 大きな盛り上がりや派手な作品ではなかったですが、スクリーンで観るにふさわしい美しいツィーの良さが出たフィルムでした。 作品名にある‘ジャ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「母の呪い」に打ち勝てるか…映画「ジャスミンの花開く」 from nancix diary (2006年7月9日 16時18分)
    シネリーブル梅田で「ジャスミンの花開く/茉莉花開」を見てきました。 「ああ、アレ。ツイィーのプロモーションビデオなんだってね」と何人かに言われたけど、うーん…これでツイィーの宣伝効果があるか、女性客の共感を呼び彼女の格が上がるかというと、大いに疑問。 .. ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジャスミンの花開く from Some Like It Hot (2006年7月5日 2時10分)
    監督=ホウ・ヨン 主演=チャン・ツィイー ジョアン・チェン チアン・ウェン  三世代に渡る女性の恋愛模様を描く人間ドラマ。チャン・ツィイーがそれぞれの世代の娘を一人三役、そしてジョアン・チェンがその母・祖母を演ずるという構成。ストーリーも面白いのだが、アジアの名花二輪の演技が何よりも見どころ。写真館の娘茉(モー)は、世間体を気にする母親の反対を押し切って、映画女優として成功をつかもうとしていた。しかし映画会社社長の子供を身ごもってしまう。堕胎を勧められるが、社長は戦争が迫り香港へ脱出。残された主人公は母 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年6月12日の週の公開作品
  3. 『ジャスミンの花開く』