シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ママが泣いた日
(C) 2004 Film & Entertainment VIP Medienfonds 2 + 3 GmbH & Co. KG
英題:
THE APSIDE OF ANGER
製作年:
2005年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2006年6月3日
(アミューズCQN ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ / アニープラネット
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル/DTS

チェック:本作で脚本と俳優も兼ねるマイク・バインダー監督が、両親の離婚という実体験を生かして撮った家族再生の物語。父親が失踪後の母と4人の娘たちの葛藤(かっとう)を描く。夫に裏切られた反動で怒りっぽくなる母を演じたのは、『きみに読む物語』のジョアン・アレン。その娘たち役には『フライトプラン』のエリカ・クリステンセンを筆頭にハリウッドの若手女優が勢ぞろいした。傷ついた女性たちの心の移ろいが丁寧に描き出されている。

ストーリー:ある日テリー(ジョアン・アレン)は夫が家を出たことに気づき、彼が秘書と駆け落ちしたと思いこむ。彼女は大学から帰省中の長女ハドリー(アリシア・ウィット)や、三女アンディ(エリカ・クリステンセン)らに怒りをぶつけてしまう。そんなとき酒浸りの彼女を、元野球選手の隣人であるデニー(ケヴィン・コスナー)が土地の開発のことで訪れ……。

ママが泣いた日
(C) 2004 Film & Entertainment VIP Medienfonds 2 + 3 GmbH & Co. KG

写真ギャラリー

New Line Cinema/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

監督/脚本: マイク・バインダー
プロダクション・デザイナー: クリス・ループ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ママが泣いた日』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ママが泣いた日 from みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories (2008年3月12日 11時35分)
    好きなときも、嫌いなときも、愛してる。 美しい四姉妹が奏でる 家族の四季の詩(うた)。 ママが泣いた日 2005年 アメリカ 監督 マイク・バインダー テリー(ジョーン・アレン)は四姉妹(アリシア・ウィット、エリカ・クリステンセン、 ケリー・ラ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ママが泣いた日』を観たよ。 from 【待宵夜話】++徒然夢想++ (2007年1月1日 0時34分)
    シェアブログminiに投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。 『若草物語』みたい。 『ママが泣いた日』 原題:"THE UPSIDE OF ANGER" 2005年・アメリカ・117分 監督・脚本・出演:マイク・バイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ママが泣いた日 / THE UPSIDE OF ANGER』 ☆今年48本目☆ from honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ (2006年5月28日 19時18分)
    ふぅ~ん・・・なんであんなにも《怒り》を持続出来るんだろう? 私は瞬間的に怒ることはあっても、いつまでも怒っていられない・・・っていうか、忘れてしまうタチなので(笑)、こんな風に八つ当たりとしか言いようのない怒りを爆発させ続ける人を見続けるのは、正直すん... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月29日の週の公開作品
  3. 『ママが泣いた日』