シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:ニューヨーク派の名匠ウディ・アレンが初めてロンドン・ロケを敢行したサスペンス。イギリスの上流社会を舞台に、持ち前の野心で地位と財産を手に入れる男の運命を描く。運命に翻弄(ほんろう)される主人公を演じるのは、『アレキサンダー』のジョナサン・リース・マイヤーズ。彼をとりこにする奔放なアメリカ人女性を『アイランド』のスカーレット・ヨハンソンが演じる。先の読めないサスペンスの魅力とウィットに富んだ語り口が融合した贅沢な作品。

ストーリー:元プロテニス・プレイヤーのクリス(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、大金持ちのトム(マシュー・グード)と親しくなり、やがて彼の妹クロエ(エミリー・モーティマー)と結婚。しかし、トムの婚約者で、セクシーなアメリカ人女優のノラ(スカーレット・ヨハンソン)に心を奪われ、不倫の関係に陥ってしまう。

マッチポイント
(C) JADA PRODUCTIONS 2005

写真ギャラリー

DreamWorks/Photofest/MediaVast Japan


スタッフ

監督/脚本: ウディ・アレン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マッチポイント』の映画ニュース

  • 映画『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が1969年に起きた「ストーンウォールの反乱」を基に描いた人間ドラマ『ストーンウォール』が今冬日本公開され...いくハンサムで聡明な活動家トレバー役で『マッチポイント』のジョナサン・リス・マイヤーズ、ゲイバ...
  • アメリカで大ヒットした伝説のドラマ「ROOTS/ルーツ」を、新たなキャスト&内容でリメイクした作品が2016年夏にCS放送ヒストリーチャンネルで放送されることが明らかになった...ズ)、ジョナサン・リース=マイヤーズ(『マッチポイント』)、アンナ・パキン(『X-MEN:フューチャ...
  • アメリカのケーブル局A&Eが製作を予定しているドラマ「ROOTS/ルーツ」のリメイク作品に、『96時間/レクイエム』のフォレスト・ウィテカーを含む3人の追加キャストが決定した...ューチャー&パスト』のアンナ・パキンと『マッチポイント』のジョナサン・リス・マイヤーズ。フォレ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マッチポイント(2005) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年4月8日 19時13分)
    公式サイト。ウディ・アレン監督、ジョナサン・リース・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン、エミリー・モーティマー、マシュー・グード、ブライアン・コックス、ペネロープ・ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マッチポイント(2005) from 映画無料動画資料館 (2011年3月2日 9時40分)
    愛に負けるか。欲に勝つか。それでも人生は、運が決める―― マッチポイント [DVD](2009/06/19)ジョナサン・リース・マイヤーズスカーレット・ヨハンソン作品詳細を見る 原題 : MATCH POINT カテゴリー:サス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マッチポイント from カフェビショップ (2010年3月25日 8時4分)
    勝負は時の運「マッチポイント」 つまらない。 ウディ・アレンはだめだな、やっぱ喋り捲らなきゃ。 登場人物がマシンガントークで うだうだやらなきゃウディ・アレンぽくないすね。 こんな内容で2時間とか勘弁してくれよ。 90分ぐらいでちょうどいい内容じゃな.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • マッチポイント:ウディアレンがイギリスを舞台に描いた人の「罪」 from ビールを飲みながら考えてみた… (2009年12月27日 11時27分)
    相変わらずのウディ・アレンらしいテーマ。「ウディ・アレンの重罪と軽罪」を彷彿させつつ、皮肉めいた笑いはなく、シリアスに人間のもつ「業」や「欲深さ」、「罪」について考えさせられる作品。もちろん主人公・クリス追った「罪」についてはもちろん、しかし、本当にウディアレンが描いたのは、「罪」の意識さえもたない人々の姿だったのではないか――思わずそんな風に感じてしまう。「アニー・ホール」や「ハンナとその姉妹」「ギター弾きの恋」とは一味違った秀作。 【予告編】 Match Point - Trailer (Ponto ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マッチポイント」 from prisoner's BLOG (2008年5月18日 7時35分)
    作家というのは年をとるとふっと作風が突然変わるみたいだが、克明な犯行の描写のうちに、え、いいのかと思わせる展開が混ざってくる手際は、今までのアレン作品になかったノワール的なタッチ。 ただ舞台がロンドンに移ったのでずいぶん意匠は変わっても、考えてみると結末のつけ方は「重罪と軽罪」の変奏。 新しい環境とともに、若い娘(スカーレット・ヨハンソン)から回春のモトをもらっている。 オープニングのテニスのボールがどっちに落ちるか、という映像が象徴的なのと同時に優雅。 (☆☆☆★) 本ホームページ マッチポイント ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年8月14日の週の公開作品
  3. 『マッチポイント』