シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
不撓不屈
(C)Root-pictures CO.,LTD.All Rights Reserved.
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年6月17日
(シネマスクエアとうきゅう ほか)
上映時間:
配給:
角川ヘラルドピクチャーズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーステレオSR

チェック:中小企業の権益を守るため、国税局へ闘いを挑んだ実在の税理士を主人公に、高杉良の同名原作を映画化した人間群像ドラマ。『わが青春のとき』の森川時久監督がメガホンを取り、戦後日本経済史上、まれに見る経済事件“飯塚事件”を通して、迷走する現代の日本経済界へ経済モラルのあり方を問う。自身の税理士倫理に基づき、文字通り“不撓不屈”の精神で国家権力と闘い抜く主人公にふんした、名優・滝田栄の力強い演技に胸打たれる。

ストーリー:税理士の飯塚毅(滝田栄)は、中小企業の経営と従業員への利益還元をのため、取引先に別段賞与制度を推奨していたが、国税局は節税手段としての同制度を認めようとしなかった。昭和37年、飯塚は国税局を相手取り、訴訟を起こすが、敗訴による権威の失墜を恐れた当局は、飯塚が関与する企業に落ち度がないか捜査を開始する。

不撓不屈
(C)Root-pictures CO.,LTD.All Rights Reserved.

スタッフ

企画: 綾部昌徳
製作委員会代表: 三宅國秀
監修: 寺田昭男
脚本: 竹山洋
監督:
撮影: 長沼六男
音楽: 服部克久

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「不撓不屈」 from prisoner's BLOG (2009年3月23日 6時26分)
    不撓不屈 [DVD]角川ヘラルド映画このアイテムの詳細を見る 飯塚事件という実際の出来事をもとにした高杉良の原作を、日本映画としては珍しく実名で映画化したもの。税理士を主人公にした映画というのも珍しい。 税金の申告での法律解釈論争で飯塚に負けた税務官僚がそれを「恥をかかされた」と恨みに思い、地位を利用していやがらせで脱税を認めろと責め立てる。理不尽だろうがなんだろうが権力に目をつけられたら百年目、逆らったらますますメンツをつぶされたとむきになり税務署のみならず検察まで一丸になって弾圧してきて、顧客も従業員 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年6月12日の週の公開作品
  3. 『不撓不屈』