シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
(C) やなせたかし / フレーベル館・TMS・NTV
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年7月15日
(シネセゾン渋谷)
配給:
東京テアトル / メディアボックス

チェック:やなせたかし原作の国民的人気アニメ、アンパンマンの劇場版第18作目。生きる喜びに目覚めた人形の女の子ドーリィの心の成長劇を中心に、わがままな彼女のお手本として生きる意味を教えるアンパンマンの活躍を描く。回想シーン内に赤ちゃんアンパンマン誕生の瞬間が収められるなど、ファン必見の映像が満載。同時上映として、ドキンちゃんの妹コキンちゃんが主人公の『コキンちゃんとあおいなみだ』がある。

ストーリー:年に一度の星祭りの日が近づいたアンパンマン・ワールドでパトロールをしていたアンパンマンは、海の上を漂う捨てられた人形を助け出す。ジャムおじさんのパン工場でその人形をきれいにすると、かわいらしいドーリィが目を覚ますが、生きることが楽しくて仕方がない彼女は、勝手気ままに行動してみんなを困らせてしまう。

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
(C) やなせたかし / フレーベル館・TMS・NTV

スタッフ

製作: 松元理人
監督:
脚本: 金春智子
キャラクターデザイン: 前田実
作画監督: 前田実

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 親と子供で見てほしい! from ○○をアレしちゃいました (2006年7月31日 0時16分)
    私がアンパンマン世代ではないため正直向き合ってこなかったのですが、今回たまたま紹介用のプレスなど見て心改めました。「おもしろいだけでなく感動もほしい。あまりに生命が粗末にされる時代なので今年は生命がテーマになっています」と言うやなせ氏。確かに子供達を取り巻く環境も含め何かおかしな時代、子供だけでなく実は大人に見せたい映画かもしれません。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年7月10日の週の公開作品
  3. 『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』