シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
絶対の愛
(C) 2006 KIM Ki-duk Film. All rights reserved.
英題:
TIME
製作年:
2006年
製作国:
韓国/日本
日本公開:
2007年3月10日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
ハピネット
カラー/ドルビーSRD/アメリカンビスタ

チェック:『サマリア』『弓』などで知られる韓国映画界屈指の鬼才、キム・ギドク監督が放つ究極のラブストーリー。世界有数の整形大国といわれる韓国の整形事情を背景に、愛の不安から自分の顔を整形した女性と恋人の激しい愛を描く。顔を作り変えてまで永遠の愛を求めるヒロインに『女は男の未来だ』のソン・ヒョナ。相手役を『許されざる者』で数々の新人男優賞に輝いたハ・ジョンウが熱演。観る者の予想を超えた独創的なストーリーに圧倒される。

ストーリー:交際2年になる恋人ジウ(ハ・ジョンウ)と深く愛し合いながら、彼が自分に飽きてしまうのではないかと不安にかられるセヒ(パク・チヨン)。彼女は顔を整形することを決意し、ジウの前から姿を消す。半年後、セヒを忘れられず苦悩していたジウは謎めいた美女スェヒ(ソン・ヒョナ)と出会い、次第にスェヒにひかれてゆく。

絶対の愛
(C) 2006 KIM Ki-duk Film. All rights reserved.

スタッフ

監督・脚本・製作・編集:
製作総指揮: 鈴木径男
撮影監督: ソン・ジョンム
照明: ナム・ハノ
美術: チェ・グヌ
衣装: イ・ダヨン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『絶対の愛』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『絶対の愛』★愛の考察 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年3月20日 22時38分)
    映画レビューしました。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id326742/rid76/p0/s0/c0/ 2006年のキム・ギドク監督作品。 ギドク監督の作品を初めて鑑賞してみました。 かなり印象的な作品が多いように聞いていました。 作品の質感としては、特に、好みというわけではありませんが(ゴメンナサイ) 愛についての考察をさせて頂きました、という感じです。 機会があれば、ほかの作品も見てみます。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年3月5日の週の公開作品
  3. 『絶対の愛』