シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

眉山‐びざん‐

公式サイト:http://bizan-movie.jp/
眉山‐びざん‐
(C) 2007「眉山」製作委員会
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2007年5月12日
(日劇PLEX ほか)
上映時間:
配給:
東宝
カラー

チェック:末期ガンの母親と、母を看病するために帰郷した娘、母の治療に尽力する医師が織りなす情感あふれる感動物語。さだまさしのベストセラー小説を原作に、『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督が、母の恋と娘の恋がつむぎ出す奇跡を映像化した。母の想いを知り成長するヒロインに松嶋菜々子、彼女を支える医師に大沢たかお、母親役を10年ぶりの映画出演となる宮本信子が演じる。家族、恋人、友人、故郷について再考させられる。

ストーリー:東京で働く咲子(松嶋菜々子)は、故郷の徳島で暮らす母親の龍子(宮本信子)が入院したと聞いて久しぶりに帰郷するが、母が末期ガンだと知ってがく然とする。咲子は母を看病する中で、医師の寺澤(大沢たかお)と出会う。残された短い時間の中、咲子は寺澤に背中を押されるように今まで知らなかった母の人生を知っていく。

眉山‐びざん‐
(C) 2007「眉山」製作委員会

スタッフ

監督:
原作: さだまさし
脚本: 山室有紀子
音楽: 大島ミチル

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『眉山‐びざん‐ 』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 日活芸術学院 OB紹介 from 日活芸術学院 ~スタッフBLOG~ (2007年11月23日 0時17分)
    今日は日活撮影所内で遭遇した日活芸術学院OBをご紹介。( ´∀`)つ 第29期の岩本智弘さんです。 学院時代は映像創作科の監督コースに在籍していました。現在は縁あって映画やテレビドラマの美術スタッフとして活躍しています。 今担当しているテレビドラ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『眉山 -びざん-』 from アンディの日記 シネマ版 (2007年5月26日 18時16分)
    感動度[:ハート:][:ハート:]           2007/05/12公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 満足度[:星:][:星:]  【監督】犬童一心 【脚本】山室有紀子 【原作】さだまさし 『眉山 -BIZAN-』(幻冬舎刊) 【時間】120分 【出演】 松嶋菜々子/大沢たかお/宮本信子/円城寺あや/山田辰夫/黒瀬真奈美/永島敏行/中原丈雄/金子賢/本田博太郎/夏八木勲 <ストーリー> 東京で働く咲子は、母の入院の知らせを受け、久しぶりに ...[外部サイトの続きを読む]
  • 眉山 from ◆小耳書房◆ (2007年5月23日 23時59分)
    映画館間違えちゃった? わははは、じゃ、これでも観るかってことで。 渋東シネタワーで観てきました。 肘掛けが胸の高さにあるので、肘掛けると肩が凝るかもね。肘掛けというよりも敷居って感じ? ここのところ、リニューとか新しくできたところしか行ってなかったせいか、久々に人の頭が見える座席に、ちょっとイラついたり。 母が倒れたという知らせを受けて、故郷の徳島へ帰る咲子。末期癌だと知らされ、戸惑いとともに過去の記憶が交差する。「父は死んだ」と子供の頃きかされていたが…。 泣ける映画でした。号泣いうの ...[外部サイトの続きを読む]
  • 眉山 from ゲームの王道 (2007年5月20日 4時25分)
    ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。  眉山は徳島市外の西にある山。標高は277メートルでどの方向から見ても眉の形に見えるから、こう名... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 眉山 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年5月16日 4時41分)
    母の看病に久しぶりに故郷を訪れたヒロインが、母の秘められた恋を知る。故郷を思う心、親子の絆、深い愛情などがテーマの物語は、さだまさしの小説が原作。新味はないが、見終われば母親に電話でもしてみようかという気持ちになるはず。阿波踊りの場面は圧巻。 (シネマッ.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年5月7日の週の公開作品
  3. 『眉山‐びざん‐ 』