シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
愛の予感
(C) 2007 MONKEY TOWN PRODUCTIONS
英題:
the REBIRTH
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2007年11月24日
(ポレポレ東中野)
上映時間:
配給:
モンキータウンプロダクション
カラー/ビスタサイズ/モノラル

チェック:2007年ロカルノ国際映画祭グランプリを受賞した、深い絶望からの脱出を描いた再生のドラマ。ある殺人事件の被害者の父と加害者の母が偶然出会い、再び“人”として歩み始めるまでの感情の揺れを追う。『バッシング』の小林政広監督が脚本と主演、主題歌も担当。『殯(もがり)の森』の渡辺真起子と2人で、後半ほぼせりふなしの難役を熱演。言葉ではなく、ささいな日常生活の変化によって物語を紡ぐ監督の手腕に注目。

ストーリー:ある日、新聞社に勤める順一(小林政広)の14歳の娘が、学校の教室で同級生の少女に刺し殺されるという事件が起きる。すでに妻も病気で亡くしていた彼は仕事も辞め、事件から1年後に北海道の鉄工所で肉体労働の仕事に就く。だが、彼が寝泊まりする民宿で給仕係として働いている加害者の母親、典子(渡辺真起子)と偶然出会い……。


スタッフ

監督・脚本・主題歌:
製作: 小林直子
撮影監督: 西久保弘一
助監督: 川瀬準也
編集: 金子尚樹
照明: 南園智男

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『愛の予感』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 愛の予感 from I N T R O (2007年11月14日 7時56分)
    “しるし”はいたるところに / 驚くべき映画である。あまりの潔さに打ちのめされる映画である。このきわだって野心的なフィルムを前に、ひとはいったい何を語れば良いのだろう。14歳の少女が同級生の少女を刺殺した。東京を離れた加害者の母親と被害者の父親は、北海道の旅館で偶然顔を合わせる。そこから二人の「再生」の物語が始まる――といった、映画紹介欄にある粗筋はひとまず忘れてほしい。... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年11月19日の週の公開作品
  3. 『愛の予感』