シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アヴリルの恋

公式サイト:http://www.cqn.co.jp/avril/
アヴリルの恋
(C) Dharamsala
英題:
AVRIL
製作年:
2006年
製作国:
フランス
日本公開:
2007年11月24日
(渋谷シネ・ラ・セット)
上映時間:
配給:
シネカノン
カラー/ビスタサイズ/SRD

チェック:修道院で育った21歳の女性アヴリルが、赤ん坊のころに生き別れになった兄を捜すため、初めての旅に出る感動ドラマ。監督は、セザール賞短編賞受賞経験を持つなど、国内外で高い評価を受けるジェラール・ユスターシュ=マチュー。主人公のアヴリルを『誰がバンビを殺したの?』のソフィー・カントンが演じる。共演は『輝ける女たち』のミュウ=ミュウ。世俗を知って新たな自分に目覚める修道女の心の変遷を、絵画のような美しい映像でとらえたタッチが魅力。

ストーリー:赤ん坊のときに捨てられ、修道院で21年を過ごしてきたアヴリル(ソフィー・キントン)。間もなく正式な修道女になるための儀式を迎えるアヴリルは、彼女のことを心配する修道女ベルデナット(ミュウ=ミュウ)から双子の兄の存在を告げられる。ベルデナットは外の世界に出て、兄を捜すようアヴリルに勧めるが……。

アヴリルの恋
(C) Dharamsala

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アヴリルの恋(2006)   ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2010年5月20日 3時43分)
    修道院の中しか知らずに育った少女が期限付きで初めて外の世界に飛び出すフランスの青春映画。公開当時映画館で予告編は観たが結局観なかっ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アヴリルの恋」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年8月13日 10時35分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「アヴリルの恋」 フランス映画。 尼僧が主人公で、禁断の恋におちる話かと思ってましたが、そんなことはなく、わりと青春映亜に近い形になってました。 赤ん坊の時に別れてしまった兄を捜すために旅をでた当初、道でであった青年には、修行.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年11月19日の週の公開作品
  3. 『アヴリルの恋』