シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ

シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ
(C) SHOCHIKU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2008年1月12日
(東劇 ほか)
上映時間:
配給:
松竹株式会社
カラー

チェック:十八代目中村勘三郎襲名披露狂言として上演され、大きな盛り上がりを見せた舞台を映像化したシネマ歌舞伎。家老を殺めてしまい、あだ討ちを誓った兄弟から逃避行を図る侍・辰次を、中村勘三郎がユーモラスかつ切なく演じる。勘三郎たっての願いで歌舞伎演出を手掛けることになったのは、舞台演出家の野田秀樹。ミュージカル映画をほうふつとさせるダンスや軽快な立ち回りなど、歌舞伎のエンターテインメント性を存分に味わえる。

ストーリー:赤穂浪士が江戸城への討ち入りを果たし、あだ討ちが流行していたころ。近江の国、粟津藩では、研屋あがりの武士・守山辰次(中村勘三郎)が世渡りのうまさで、ほかの武士たちのひんしゅくを買っていた。ある日、辰次が家老の市郎右衛門(坂東三津五郎)にいたずらをしたところ、その家老が息を引き取ってしまい……。

シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ
(C) SHOCHIKU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

スタッフ

演出・脚本: 野田秀樹
原作: 木村錦花
脚色: 平田兼三郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 野田版 研辰の討たれ(とぎたつのうたれ) from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年3月28日 0時5分)
    高性能カメラで撮影した歌舞伎を映画館で上映する“シネマ歌舞伎”。才人野田秀樹のコミカルでスピーディな演出と、映画でお馴染みの役者の顔ぶれで、歌舞伎と映画の両方のファンに見所を与える作品になった。物語は、赤穂浪士のせいで流行するあだ討ちを、本音と建前を交え.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年1月7日の週の公開作品
  3. 『シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ』