シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

いつか眠りにつく前に

公式サイト:http://www.itsunemu.jp/
いつか眠りにつく前に
(C) 2007 Focus Features
英題:
EVENING
製作年:
2007年
製作国:
アメリカ/ドイツ
日本公開:
2008年2月23日
(みゆき座 ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
スコープサイズ

チェック:人気作家スーザン・マイノットのベストセラー小説を、豪華アカデミー女優陣の競演で映画化した感動作。死の床で自身の人生を振り返る女性と、そんな母の知られざる過去に触れて自分たちの人生を見つめ直す娘たちの姿を描く。監督は映画『マレーナ』の撮影監督で知られるラホス・コルタイ。若き日のヒロインに映画『スターダスト』のクレア・デインズ。2大オスカー女優ヴァネッサ・レッドグレーヴとメリル・ストリープが、それぞれの実の娘と共演しているのも見どころだ。

ストーリー:死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れた彼女は運命の恋に落ちるが、その恋は取り返しのつかない悲劇を引き起こす。

いつか眠りにつく前に
(C) 2007 Focus Features

写真ギャラリー

Focus Features/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

原作・脚本: スーザン・マイノット

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『いつか眠りにつく前に』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『いつか眠りにつく前に』★私もそのような一人....? from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月21日 19時13分)
    死期の近い母親が、誰かを殺してしまった、と口走ります。 穏やかでない言葉に、娘2人は戸惑いました…….。 映画レビューしています(内容にふれています)。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329505/rid27/p0/s0/c0/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/19961/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 (以下も内容にふれていま... ...[外部サイトの続きを読む]
  • いつか眠りにつく前に / クレア・デインズ / ヴァネッサ・レッドグレーヴ from 映画 DVD 通販 ネット 支店 (2009年5月5日 17時27分)
    クリア・デインズほか、ヴァネッサ・レッドグレイヴとメリル・ストリープの2大アカデミー賞女優競演で贈る、死の床にある母とその娘たちとの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【いつか眠りにつく前に】 from Cinema and more (2009年3月31日 18時32分)
    2007年 アメリカ 〔ドラマ〕 117分 ○監督 : ラホス・コルタイ ○出演 : クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、グレン・クローズトニ・コレット、ナターシャ・リチャードソン、パトリック・ウィルソン、ヒュー・ダンシー ほか ≪あ ...[外部サイトの続きを読む]
  • いつか眠りにつく前に from 猫の毛玉 映画館 (2008年10月17日 15時36分)
    『いつか眠りにつく前に』 Evening 2007年・アメリカ 原作スーザン・マイノット 死の床につく母、見守る娘。母の秘められた思い出が朦朧と…。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★★★ 『いつか眠りにつく前に』 from 映画の感想文日記 (2008年3月17日 20時19分)
    2007年。アメリカ。"EVENING". ラホス・コルタイ監督。スーザン・マイノット原作。  スーザン・マイノットという作家は、名前だけは聞いたことがあるが読んだことはない、という作家のひとりで、調べてみたら、日本ではこの映画の原作が出版さ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年2月18日の週の公開作品
  3. 『いつか眠りにつく前に』