シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

デッド・サイレンス

デッド・サイレンス
(C) 2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
DEAD SILENCE
製作年:
2007年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2008年3月22日
(有楽町スバル座 ほか)
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

チェック:斬新なスリラー『ソウ』を生んだ監督ジェームズ・ワンと脚本家リー・ワネルが再び組んだ、謎の腹話術人形に翻弄(ほんろう)される一家の宿命を描いた人形ホラー。クラシックなホラー映画の雰囲気と悪趣味なテイストで恐怖をあおる。妻の変死の真相と腹話術人形の謎を追う男に、オーストラリアのテレビシリーズで注目されたライアン・クワンテンを抜てき。観る者の予想を超える、驚きの結末が待っている。

ストーリー:ジェイミー(ライアン・クワンテン)とリサ(ローラ・リーガン)夫婦の元に差出人不明の小包が届く。開けてみると、そこには腹話術人形が入っていた。人形を部屋の片隅に置き、ひとりで外出したジェイミー。その間、部屋に残った妻は舌を抜かれ死亡していた。ジェイミーは腹話術人形と妻の死につながりがあると直感するが……。

デッド・サイレンス
(C) 2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『デッド・サイレンス』の映画ニュース

  • 大ヒットホラーの続編『死霊館 エンフィールド事件』より、『ソウ』シリーズに携わったジェームズ・ワン監督が人を恐がらせる秘訣を明かすコメントと共に、誰も手を触れてい...ている。 『インシディアス』『死霊館』『デッド・サイレンス』などでホラーマスターとして名高いワン監...
  • 『デッド・サイレンス』のドニー・ウォールバーグ、妻との離婚が成立
    映画『デッド・サイレンス』『ドリームキャッチャー』などに出演し、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのメンバーでもある、ドニー・ウォールバーグの離婚が成立したとい...
  • ヒュー・ジャックマン、冒険アニメ映画へ声の出演
    2008年ピープル誌の“最もセクシーな男”に選ばれ、第81回アカデミー賞の司会にも決まったヒュー・ジャックマンが、アニメーション映画で声の出演を果たすことが明らかになっ...リーズのヒューゴ・ウィーヴィングと映画『デッド・サイレンス』のライアン・クワンテンも声を担当し、監...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 ≪ デッド・サイレンス (2007) ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年10月8日 18時41分)
    叫んだら、死ぬ!? 「ソウ」の監督・脚本コンビ、ジェームズ・ワン&リー・ワネルが手掛けたサスペンス・ホラー。腹話術人形をモチーフに、妻を惨殺された男が、事件の真相を探る中で過去の忌まわしい事件と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • デッド・サイレンス from 晴れたらいいね~ (2008年9月15日 0時51分)
    観よう、観ようと思ってるうちに、準オチになってましただ。SAWの監督さんということで、観なくっちゃと思ったの。でも、SAWの時ほどの、ビビッがなかったんで、のんびりしちゃったのかなぁ??ほら、あるじゃない?そうねぇ、ちゃぴさんのシックスセンスかも(爆)デッド・.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ?????????? from ?????? (2008年4月3日 19時4分)
  • ★ 『デッド・サイレンス』 from 映画の感想文日記 (2008年3月30日 20時0分)
    2007年。アメリカ。"DEAD SILENCE".  ジェームズ・ワン監督。リー・ワネル脚本。  世間からは、『CUBE』や『ブレアウィッチ・プロジェクト』などと同じく、1発屋ではないか、という疑いを持たれていた、『SAW(ソウ)』シリ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「デッド・サイレンス」 from prisoner's BLOG (2008年3月28日 9時20分)
    腹話術の人形の不気味さを軸にしたホラーだけれど、どう見ても人形が殺人を犯しているのでないとおかしいシチュイエーションで妙にもってまわって誰が殺しているのかわからないような描き方をしているものだから、人形ではなく生きている人間が殺しているのかと思わせる。 それは外れてはいないのだけれど(半分冗談みたいなケレンあり)、結局人形に命があったわけだし、人形と人間の区別を曖昧にしていて、現実性とオカルトの両方に足を置いてぐらぐらしているみたいで、なんだか落ち着かない。 人形のデザインなどの美術、色彩などの工夫による ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年3月17日の週の公開作品
  3. 『デッド・サイレンス』