シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
黒い家
(C) 2007 CJ Entertainment Inc, All Rights Reserved.
英題:
BLACK HOUSE
製作年:
2007年
製作国:
韓国
日本公開:
2008年4月5日
(お台場シネマメディアージュ ほか)
上映時間:
配給:
角川映画
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/SRD/

チェック:貴志祐介原作のホラー小説を韓国で映画化した戦慄(せんりつ)の物語。善良な男が、思いがけずに保険金詐欺事件に巻き込まれていく恐怖体験を衝撃的に描き切る。一見気弱そうな主人公を熱演するのは、自身も原作のファンだという『甘い人生』のファン・ジョンミン。彼と対峙(たいじ)する顧客を『とかげの可愛い嘘』などの個性派、カン・シニルが不気味に演じている。次々と巻き起こる怪事件、そしてその裏に隠された人間の悲しいさがが心に突き刺さる。

ストーリー:保険会社に入社したばかりのジュノ(ファン・ジョンミン)は、ある日、自殺志願者と思われる顧客からの電話を受ける。人のいい彼は何とか彼女を思いとどまらせようと、マニュアルを無視して自分も過去に弟が自殺し、苦しんだことを話してしまう。数日後、彼は初対面の顧客(カン・シニル)から名指しされ、彼の自宅を訪れるが……。

黒い家
(C) 2007 CJ Entertainment Inc, All Rights Reserved.

スタッフ

監督:
原作: 貴志祐介
プロデューサー: ユー・イルファン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『黒い家』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『黒い家 エンジビル』を観ました【映画】 from カフェビショップ (2013年10月11日 19時55分)
    貴志祐介の小説の映画化作品。 黒い家は日本でも映画されてましたねえ。 森田芳光監督で大竹しのぶの怪演がすごかった珍品だったなあ。 とにかく大竹しのぶがひどいみたいな。 それだけしか記憶にないんすけど、 小説はけっこうおもしろかったっすね。 サイコパスに… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「黒い家」 from prisoner's BLOG (2009年4月12日 5時27分)
    黒い家 スペシャル・エディション [DVD]角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 韓国での翻案映画化版の方。 日本で森田芳光監督・大竹しのぶ主演による、才気走ってやや悪く凝りすぎた映画化に比べると、良くも悪くもオーソドックスなホラー調の作り。 大竹しのぶの大車輪の怪演に代えて、ロングヘアの美人が妙に踊るような足取りで(足が悪いからだが)迫ってくるのは「貞子」ばりで、オチのつけかたもホラーではありがちなもの。 保険会社の社員の幼児期のトラウマを強調していて人間を信じたがる分、保険サギ師相手の対応 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 韓国版映画☆『黒い家 / BLACK HOUSE』☆ from honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ (2008年6月20日 5時3分)
    貴志さんの作品は何冊か読んでるけど、本作品の原作は読んでないし邦画版もなんとな~くスルーしてた。 韓国映画も『カンナさん大成功です!』以来。 でも、韓国映画はホラーが結構得意だし、観てみようかなって気になって。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「黒い家」韓国ホラーの実力を堪能せよ、傑作誕生 from soramove (2008年4月13日 9時48分)
    「黒い家」★★★★☆オススメ ファン・ジョンミン 、カン・シニル 、ユ・ソン 主演 シン・テラ 監督、2007年、韓国、104分 主人公である生命保険会社の査定員は 依頼をうけてある家を訪れる、 そこでその家の子供の死体を発見、 保険金の支払いを要求される... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ■黒い家 [映画] from *Hello Nico World (2008年4月9日 23時15分)
    『黒い家』(2007)韓国  監督:シン・テラ 原作:貴志祐介  出演:ファ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年3月31日の週の公開作品
  3. 『黒い家』