シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

譜めくりの女

公式サイト:http://piano.cinemacafe.net/
譜めくりの女
(C) Philippe Quaisse
英題:
LA TOURNEUSE DE PAGES
製作年:
2006年
製作国:
フランス
日本公開:
2008年4月19日
(シネスイッチ銀座)
上映時間:
配給:
カフェグルーヴ / トルネード・フィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD/DTS

チェック:クラシックの世界を舞台に2人の女性の愛憎を描き、セザール賞3部門にノミネートされた心理ドラマ。監督は高名なヴィオラ奏者であり、国立音楽院の教授でもあるドゥニ・デルクール。『地上5センチの恋心』のカトリーヌ・フロと『ある子供』で鮮烈なデビューを飾ったデボラ・フランソワが、人気ピアニストとその“譜めくり”を演じる。クラシック音楽さながらに繊細(せんさい)で、情感豊かに展開するヒロインたちのドラマが堪能できる。

ストーリー:かつてピアニストを目指す少女だったメラニー(デボラ・フランソワ)は、ピアノの実技試験中、審査員の人気ピアニスト、アリアーヌ(カトリーヌ・フロ)の無神経な態度に動揺してミスを犯し、ピアニストの夢を絶たれる。その後、アリアーヌに再会したメラニーは、演奏会の成功の鍵を握る“譜めくり”に抜てきされるが……。

譜めくりの女
(C) Philippe Quaisse

スタッフ

監督・脚本:
製作総指揮: トム・デルクール

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『譜めくりの女』★ABA’ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月8日 18時28分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/20870/ 映画レビューしました。 (ネタバレ表示していますが、最後のネタバレは省略しています。) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329883/rid24/p0/s0/c0/ ピアノの試験で、失敗した原因を、 審査員アリアーヌの”サイン”にまつわることのせいにしたメラニーが、 アリアーヌを、追い詰めていきます。 物語... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『譜めくりの女』 from シネマな時間に考察を。 (2010年3月2日 22時37分)
    ピアニストは“譜めくり”に全ての身を預ける。 果てしなく無防備なまでに。 そして“譜めくり”はそんなピアニストの心を操る。 それは過去の日の復讐の旋律・・。 『譜めくりの女』 La Tourneuse de Pages 2006年/フランス/85min 監督・脚本:ドゥニ・デルクール ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「譜めくりの女」 from 或る日の出来事 (2009年10月27日 22時57分)
    少女時代にピアノの試験に落ちた「逆恨み」を、大人になってから晴らす。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 譜めくりの女~映画感想文~ from Lost in Australia (2008年11月23日 19時39分)
    お天気回復のブリスベンからこんにちは。 返却するため慌てて観た映画 第二弾はこちら↓ 譜めくりの女 原題はThe page turnerで フランス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 譜めくりの女 ★★★★ from 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ (2008年10月26日 21時56分)
    譜めくりの女 デラックス版(2008/10/24)カトリーヌ・フロデボラ・フランソワ映画の詳細を見る  「ゆりかごを揺らす手」は怖い映画だったな、... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年4月14日の週の公開作品
  3. 『譜めくりの女』