シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
イースタン・プロミス
(C) 2007 Focus Features LLC. All Rights Reseved.
英題:
EASTERN PROMISES
製作年:
2007年
製作国:
イギリス、カナダ、アメリカ
日本公開:
2008年6月14日
(シャンテ シネ ほか)
配給:
日活

チェック:『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンス。出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なマフィアの存在が露呈していく。共演は『キング・コング』のナオミ・ワッツと『ジェヴォーダンの獣』のヴァンサン・カッセル。サウナで繰り広げられる、ヴィゴ・モーテンセンのリアルな格闘シーンは必見。

ストーリー:ロンドンの病院で産婦人科医をしているアンナ(ナオミ・ワッツ)のもとに、ロシア人の少女が運び込まれる。しかし、出産の直後に少女は命を落とし、日記と赤ん坊が残された。そこに記された内容に危険を感じながらも、赤ん坊の家族を見つけ出そうとするアンナ。彼女はあるロシアン・レストランにたどり着き、ロシアン・マフィアに雇われているミステリアスな男ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)に出会う。

イースタン・プロミス
(C) 2007 Focus Features LLC. All Rights Reseved.

写真ギャラリー

Focus Features/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『イースタン・プロミス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • イースタン・プロミス(2008)~東方的完全保証 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年3月27日 21時19分)
    公式サイト。イギリス=カナダ=アメリカ。原題:Eastern Promises。デイヴィッド・クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミュー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • イースタン・プロミス (2007) from 映画無料動画資料館 (2011年3月10日 23時1分)
    ここでしか、生きられない。 イースタン・プロミス[DVD] (2008/11/14)ヴィゴ・モーテンセンナオミ・ワッツ作品詳細を見る 原題 : EASTERN PROMISES カテゴリー:アクション サスペンス バイオレンス 「ヒ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • イースタン・プロミス (2007)★★★+ from SYPHON BLOG (2011年1月20日 0時38分)
    【解説】人間の生と死をテーマに、ロンドンの裏社会で暗躍するロシアン・マフィアの男と、表の世界で小さな命のために奔走する女のドラマを描く。 【感想】ロンドンを舞台にしたロシアンマフィア、その設... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ イースタン・プロミス ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2010年12月12日 0時43分)
    イギリス、ロンドンにある病院に身元不明のロシア人少女が運び込まれる。少女は子どもを身ごもっており、出産ののちに息を引き取ってしまった。手術に立ち会った助産師のアンナは少女が遺した日記を頼りに、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • イースタン・プロミス from Brain Death (2009年9月18日 13時49分)
    イースタン・プロミス [DVD]Happinet(SB)(D)このアイテムの詳細を見る ハードボイルドで、スマートにそぎ落とされた、無駄のないストーリー。想像力を刺激する適度な不親切さもあって、面白かったです。 イギリスに住むロシアンマフィアと、その一端に関わってしまう助産婦の物語。 「自分はただの運転手だ」というニコライの真の目的とは・・・? ヴィゴ演じるニコライがかっこよかったです。全裸格闘シーンはドキドキした。 キャー{/hearts_pink/}って事ではなくて、「あー!ナイフが当たりそうで怖いヨッ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年6月9日の週の公開作品
  3. 『イースタン・プロミス』