シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

雲南の花嫁

公式サイト:http://www.yunnan-bride.jp/
雲南の花嫁
英題:
HUAYAO BRIDE IN SHANGRILA
製作年:
2005年
製作国:
中国
日本公開:
2008年7月26日
(K’s cinema ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
カラー/ビスタサイズ/SRD

チェック:中国でも最も多い25の少数民族が暮らす雲南省を舞台にした、さわやかなラブストーリー。昔からの風習と、愛しい人への恋心の間で揺れる男女の心の機微をコミカルに描く。色鮮やかな民族衣装に身を包んだヒロインを熱演するのは、第2のチャン・ツィイーとも評される『ラッシュアワー3』のチャン・チンチュー。緑鮮やかな山々に囲まれた美しい村の風景とともに、民族の風習や民謡などを通して語られるチャーミングな恋模様に引き込まれる。

ストーリー:中国雲南省のイ族の娘フォンメイ(チャン・チンチュー)は、幼なじみのアーロン(イン・シャオティエン)と結婚する。だが、イ族には夫婦は挙式後3年間同居してはならないという古くからのしきたりがあり、その間は2人きりで会うこともままならない。おてんばで自由奔放なフォンメイは、何とかしてアーロンの側にいようとするが……。

雲南の花嫁

スタッフ

製作総指揮: ヤン・プーティン
チーフプロデューサー: ハン・サンピン
撮影: ワン・ミン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 雲南の花嫁  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2008年8月7日 4時20分)
    中国の少数民族を舞台にしたお話。伝統を重んじる民族だが、新しい考え方ともぶつかり合って、笑いが生まれる。型破りのお転婆娘に夫も家族... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 雲南の花嫁 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年8月6日 0時5分)
    元気一杯のヒロインが魅力の愛すべき小品。中国の少数民族イ族の“結婚後3年間は同居不可”という風習を巡る、新婚夫婦の騒動の物語だ。美人でおてんばな娘フォンメイが、あまりにハイテンションで驚かされるが、古い因習を打ち砕くパイオニアにはこれくらいのパワーが必要.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年7月21日の週の公開作品
  3. 『雲南の花嫁』