シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

真木栗ノ穴

公式サイト:http://www.makiguri.com/
真木栗ノ穴
(C) 2007 Rights Management Corporation & Neo Inc. All rights reserved.
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2008年10月18日
(ユーロスペース ほか)
配給:
ビターズ・エンド
カラー/PG-12

チェック:気鋭の恋愛・ホラー小説の女流作家として活躍する山本亜紀子の「穴」を映画化した異色ファンタジー。自室の壁の穴から若い女が住む隣室を毎日のようにのぞきこみ、その女のとりこになっていく小説家の姿を、『同級生』の深川栄洋監督が描き出す。主人公の真木栗を『休暇』の西島秀俊が好演するほか、『夕凪の街 桜の国』の粟田麗、テレビドラマ「怨み屋本舗」の木下あゆ美らが共演。現実と妄想の間で展開する不可思議なストーリーが深い余韻を残す。

ストーリー:築40年のアパートに暮らす作家の真木栗勉(西島秀俊)は、ある日部屋の壁に隣室をのぞき見できる2つの穴を発見。片方の部屋には若い男が住み、空いている部屋に若い女が引越してくるのを期待した彼は、その妄想を小説に書き始める。期待通りに女が越してきたとき、真木栗は毎日のように穴をのぞき、その女のとりこになっていく。


スタッフ

監督・脚本:
企画・エグゼクティブプロデューサー: 倉谷宣緒
原作: 山本亜紀子
脚本: 小沼雄一
撮影監督: 高間賢治
照明: 上保正道
美術: 鈴木伸二郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『真木栗ノ穴』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • そこにノゾキアナがあるから。『真木栗ノ穴』(2008・日本) from 23時の雑記帳 (2015年1月16日 21時58分)
    大傑作を撮ったかと思えば、凡作も平気で作る。 私にとっての深川栄洋監督はそんなイメージだ。 『洋菓子店コアンドル』 『アイランドタイムズ』 関連記事 : 『アイランド タイムズ』(2006・日本)92点。ネタバレ感想 での深川監督はまさに神がかっているが、 そうでない時の作品、例えば…やめとこう。 本作は良い。かなり良い。 奇をてらうことのない正攻法スタイル。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『真木栗ノ穴』を見ました【映画】 from カフェビショップ (2012年4月30日 6時40分)
    「真木栗ノ穴」 これはなかなかよかったっすね。 江戸川乱歩というか、 日本の怪談というか、 白昼夢、白日夢系の映画で、 こういうのけっこう好きなんすよねえ。 現実と幻想の境目がなくなっていくみたいな あの感覚がいいんすよ。 彼岸に立つ人間の不安定なか… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 真木栗ノ穴(2008) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年3月16日 18時18分)
    公式サイト。山本亜紀子原作、深川栄洋監督、西島秀俊、粟田麗、木下あゆ美、北村有起哉、キムラ緑子、田中哲司、小林且弥、尾上寛之、大橋てつじ、利重剛、佐久間麻由。 この世に ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 真木栗ノ穴 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年10月22日 0時3分)
    白昼夢のようなこの官能ファンタジーは、鎌倉という土地の独特の空気が活きている。売れない小説家の真木栗は古いアパートで執筆しているが、ある日壁に穴を発見。覗き見するうちに、隣に住む若い美女のとりこになっていく。多くの映画に登場する釈迦堂切り通しが印象的だ。.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年10月13日の週の公開作品
  3. 『真木栗ノ穴』