シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ヒカリサス海、ボクノ船

ヒカリサス海、ボクノ船
(C) 2008 GPミュージアムソフト
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年9月6日
(アップリンク)
上映時間:
配給:
GPミュージアムソフト / ウィルコ
カラー

チェック:幼い弟の死を境に両親との間にできた溝を埋められないでいる女子大生の心の葛藤(かっとう)が、情感たっぷりに描かれる人間ドラマ。仁科亜希子と仁科仁美の実の母娘が、親子の微妙な距離感を見事に熱演。一番近い存在の相手に心を表せない姿が共感を誘う。監督は『キャッチボール』の橋本直樹。友人との交流や恋愛、そしてファンタジックなシーンをからめ、重々しくなく日常的につづられた家族の再生が感動的。

ストーリー:大学生の奈々子(仁科仁美)は、母親の君江(仁科亜希子)との関係がギクシャクしていた。それは7年前、中学生の奈々子が付き添っていながら、目を離したすきに寝たきりの弟、達也(嘉数一星)が亡くなってしまったからだ。そんなある日、見覚えのあるピエロが奈々子の前に現れてから、奈々子の周囲に少しずつ変化が訪れはじめる。

ヒカリサス海、ボクノ船
(C) 2008 GPミュージアムソフト

スタッフ

監督・原案・プロデューサー:
原案・脚本: 阪井純
製作: 山田浩貴
プロデューサー: 崎本志穂
協力プロデューサー: 狩野善則

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 仁科仁美 from 女優魂~脱いだ女優たち~ (2010年11月3日 18時15分)
    仁科仁美 1984年11月1日生まれ 仁科仁美オフィシャルブログ「仁科仁美の仁仁ブログ」 ヒカリサス海、ボクノ船 ストーリー:大学生の奈々子(仁科仁美)は、母親の君江(仁科亜希子)との関係がギクシャク... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 茨城県潮来市・つくば市などの映画「ヒカリサス海、ボクノ船」、ロケ地は筑波学院大学ほか。 from リージョナルシネマ REGIONAL CINEMA ! (2010年8月31日 23時30分)
    ヒカリサス海、ボクノ船(DVD)販売元:ハピネット・オンライン Yahoo!店ハ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒカリサス海、ボクノ船 from シネマDVD・映画情報館 (2009年11月29日 7時29分)
    女子大生・奈々子(仁科仁美)の前に突然ピエロが現れる。どこかで見た事あるような懐かしい顔をしたピエロ。この不思議なピエロとの出会いを機に、運命の歯車が静かに動き出す・・・7年前に死んでしまった弟・達也との思い出。達也の死がきっかけで、奈々子と両親との間に目に見えない深い溝が生じてしまったこと。長い間、苦しみ思い悩んでいた奈々子だったが、幼馴染みの浩貴(深水元基)、親友の志穂(松本まりか)、偶然出会った少年・大介と過ごしながら、自分自身の辛い過去と向き合い、誰しもが背負っている心の闇に立ち向かう。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年9月1日の週の公開作品
  3. 『ヒカリサス海、ボクノ船』