シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
斜陽
(C) KAERUCAFE
製作年:
2009年
製作国:
日本
日本公開:
2009年5月9日
配給:
カエルカフェ
カラー

チェック:“斜陽族”という言葉が生まれ、発刊から半世紀を経た現在でも根強い人気を誇る太宰治の「斜陽」を映画化。ある一家がたどる運命を軸に、突然の苦境に立たされたヒロインの姿を、生きることの悲哀をにじませながら描く。監督は『富嶽百景 遥かなる場所』で太宰文学を映像化している秋原正俊。伯父の援助が途絶え、親類の別荘に身を寄せるヒロインを佐藤江梨子が好演。全編デジタル撮影の映像が美しくも哀しい原作世界を表現している。

ストーリー:伯父(小倉一郎)の援助が突然途絶えて、親類の別荘へ引っ越すことになったかず子(佐藤江梨子)と母(高橋ひとみ)だったが、慣れ親しんだ旧家への思いから母は病に倒れてしまう。そんな中、かず子の弟・直治(伊藤陽佑)が家に戻ってくるが、かず子、母、直治の生活は、思いもしなかった方向へと滑り出してしまい……。

斜陽
(C) KAERUCAFE

スタッフ

監督:
原作: 太宰治
脚本・衣装企画・編集: 落合雪恵
音楽: 黒色すみれ
ヘアメーク: 石山恵理
撮影: 椙本多加志
音声: 高橋透

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『斜陽』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「斜陽」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2010年7月11日 11時51分)
    「斜陽」 なんといっても中途半端すぎます。 80分弱の尺の長さもさることながら、物語も物足りなく、時代設定も中途半端。 携帯電話を使うなら、もっと現代的にするべきだったのでは? (それでも設定を変えるのは反対です。設定を変えるならオリジナルにしちゃばい.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年5月4日の週の公開作品
  3. 『斜陽』