シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

クローンは故郷をめざす

公式サイト:http://clone-homeland.com/
クローンは故郷をめざす
(C) 「クローンは故郷をめざす」製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2009年1月10日
(シネカノン有楽町1丁目 ほか)
上映時間:
配給:
アグン株式会社
カラー/アメリカンビスタサイズ/DTSステレオ

チェック:ヴィム・ヴェンダースがエグゼクティブプロデューサーを務めたSF作品。クローン技術が飛躍的に進歩した近未来の日本を舞台に、ある男性の死から肉体再生への困難な道のりをつづる。苦悩する主人公を見事に演じ切ったのは、これが映画初主演となる及川光博。その母役を『サッド ヴァケイション』の石田えり、妻役を『その日のまえに』の永作博美が演じている。本作では生きることの意味や家族のきずな、そして限りある命の尊さを再考させられる。

ストーリー:近未来、宇宙ステーションで働く耕平(及川光博)は、大気圏外での作業中に事故に遭い命を落とす。彼は亡くなる直前に合法クローン・プロジェクトに登録しており、妻(永作博美)の強い反対にもかかわらず彼の体は再生される。しかし、なぜか耕平の記憶は少年時代のままよみがえり、一番つらい思い出である双子の弟の死の場面が繰り返され……。

クローンは故郷をめざす
(C) 「クローンは故郷をめざす」製作委員会

スタッフ

監督・脚本:
エグゼクティブプロデューサー: ヴィム・ヴェンダース
プロデューサー: 井上潔 / 山本理恵 / 多胡由章
美術監督: 木村威夫
撮影監督: 浦田秀穂
照明: 常谷良男
美術: 安宅紀史
録音: 臼井勝

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クローンは故郷をめざす』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『クローンは故郷をめざす』を観た from カフェビショップ (2013年9月21日 19時5分)
    うーむ、ポエジーっすねえ。 ノスタルジーっすねえ。 SFなんすけど、 サイバー系のSFじゃなくて、 記憶や思い出を扱う懐かし系のSFでした。 クローンという装置を使って、 ノスタルジーのドラマを作ったって感じかな。 クローン技術により、 肉体はもとより、記憶… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クローンは故郷をめざす」 from 元・副会長のCinema Days (2009年7月11日 7時20分)
    アンドレイ・タルコフスキー監督の傑作「惑星ソラリス」との共通性が見て取れる。死んだ人間が生き返ってくるところ、文字通り“故郷をめざす”主人公、そして“水”の描写を流れる時間のメタファーとして扱うこと等は誰でも感付くことだろう。さらに、低予算で昨今のSF映画と比べると随分と簡素なエクステリアを纏っていながら、内実はSFの雰囲気・空気感を凡百のハリウッド製の大作群よりも遙かに醸成させていることも共通している。  ならば本作はタルコフスキーのエピゴーネンに終始していると思ったらそれは違う。食い足りない部分は ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『クローンは故郷をめざす』鑑賞 from ◆小耳書房◆ (2009年2月4日 18時40分)
    -ネタバレあり- かなり期待していったんだけど、睡魔と闘うのがせいいっぱいな映画でした。 【あらすじ】 宇宙ステーションで働く耕平は万が一の保険に、クローン再生に同意してほしいと迫られる。 耕平には幼いころ事故で亡くした双子の兄弟がいた。いま病の床にある母は、「彼の分も、あなたが長生きしてね、私より先に逝かないでね」と昔言った。思い出しながら、彼は宇宙へ旅立つが、妻のもとへ戻ってきたのはクローンの耕平だった。 出演:及川光博、石田えり、永作博美、島田久作、他 喜びたまえ、日本の少 ...[外部サイトの続きを読む]
  • クローンは故郷をめざす ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2009年1月23日 3時58分)
    成長した本人の状態でクローン再生できるならば、再生されたクローンは本人なのか? 「たましい」があるとしたらクローンにも「たましい」... ...[外部サイトの続きを読む]
  • クローンは故郷をめざす from 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン (2009年1月14日 21時26分)
    公式サイト。英語タイトル:THE CLONE RETURNS TO THE HOMELAND。 エグゼクティブ・プロデューサー・ヴィム・ヴェンダース、中嶋莞爾監督、及川光博、石田えり、永作博美、嶋田久作、品川徹、塚本僚、塚本将、矢島健一、佐藤貢三、平野貴大、田村泰二郎。全編というか、終盤近... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年1月5日の週の公開作品
  3. 『クローンは故郷をめざす』