シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
三国志
(C) TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD. and (C) VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
THREE KINGDOMS:RESURRECTION OF THE DRAGON
製作年:
2008年
製作国:
中国
日本公開:
2009年2月14日
(シャンテ シネ ほか)
上映時間:
配給:
プレシディオ
カラー/ドルビーデジタル/シネマスコープ

チェック:「三国志演義」を基に蜀の武将、趙雲を主人公にすえて描いた歴史活劇。『インファナル・アフェア』シリーズや『墨攻』の香港を代表する大スター、アンディ・ラウが趙雲をダイナミックに演じる。趙雲に深くかかわる映画オリジナルの登場人物を演じるのは、サモ・ハンやマギー・Qなど豪華俳優陣。監督は『ドラゴン・スクワッド』のダニエル・リー。ドラマ性と派手なアクションを加え、趙雲の魅力を存分に伝えるヒーローものへと昇華させた。

ストーリー:三国がしのぎを削る中国。夢を抱き劉備軍に参加した趙雲(アンディ・ラウ)は、同郷の武士、平安(サモ・ハン・キンポー)を兄のように慕うようになる。ある日、曹操軍にさらわれた劉備(ユエ・ホア)の息子を、趙雲が敵陣に一人乗り込み救い出す。やがて“無敗の将軍”とまで言われた趙雲のことを、平安は複雑な心持ちで見守るが……。

三国志
(C) TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD. and (C) VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

スタッフ

監督・脚本:
アクション監督: サモ・ハン・キンポー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『三国志』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 三国志 : 子龍はこれ一身肝なり from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2013年4月12日 21時39分)
    今の中国共産党の偉い人たちは、何だかおかしな人ばかり。でも、昔の中国には本日紹介する映画の主人公のように”義”と”正義”に生きた人もいました。 【題名】 三国志 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 196/365「三国志」。 from 別冊 東京コジカの戀と文化住宅。 (2011年11月29日 17時30分)
    こんばんは。 えっと、とうとう「EUフィルムデーズ2010」に一度も行くことができませんでした。はふぅ(NFCにて上映。)さて、今回わたしが観てしまった映画は、実話を元に書いた(と思われる)歴史ものな作品です。 わたしが(観ちまった)196本目の作品は... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 196/365「三国志」。 from 別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。~ 日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックな日々と映画たちは 意外とオルカよりも速く泳ぐ。痛いほどきみが好きな (2010年6月23日 20時18分)
    こんにちは。 えっと、とうとう「EUフィルムデーズ2010」に一度も行くことができませんでした。はふぅ(NFCにて上映。)さて、今回わたしが観てしまった映画は、実話を元に書いた(と思われる)歴史ものな作品です。 わたしが(観ちまった.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • アンディ・ラウの「三国志 THREE KINGDOMS:RESURRECTION OF THE DRAGON」ネタバレ批評(レビュー) from ミステリ通信 創刊号 (2010年1月16日 23時13分)
    アンディ・ラウが趙雲子龍を演じ、サモ・ハンが架空の人物羅平安を演じた本作。 では、ネタバレ批評(レビュー)あらすじスタート!! オープニング とある女性が軍を指揮している。彼女は叫ぶ。 「趙雲を捕らえよ」と。 本編 羅平安(サモハン)がその男・趙雲(アンデ.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「三國志」の英傑、曹操の陵墓が発見さる!! from ミステリ通信 創刊号 (2009年12月27日 22時17分)
    「三國志」の英傑、曹操の陵墓が発見されました!! 曹操と云えば三国の一国「魏」の君主(正確には基礎を作った人物)。 今まで、その陵墓については謎とされてきましたが遂に見つかったとの報道が。 詳細は下記よりどうぞ。 これが事実ならば大発見です。 この間の「邪馬.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年2月9日の週の公開作品
  3. 『三国志』