シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

公式サイト:http://icome.gyao.jp/
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
(C) Lam Duc Hien, Photographer
日本公開:
2009年6月6日
(TOHOシネマズ六本木ヒルズ ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ
カラー

チェック:『HERO』などで映画俳優としても活躍する木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。監督は、『青いパパイヤの香り』『夏至』のトラン・アン・ユン。製作には『バベル』の製作陣があたり、音楽をレディオヘッドが担当している。

ストーリー:他人の痛みを身代わりとなって引き受ける特殊能力を持つ男シタオ(木村拓哉)が失踪(しっそう)。元刑事の探偵クライン(ジョシュ・ハートネット)は彼の行方を追って、ロサンゼルスからフィリピン、そして香港へとたどり着く。そこでシタオがある女性リリ(トラン・ヌー・イェン・ケー)と一緒にいて、彼女を愛する香港マフィアのボス、ス・ドンポ(イ・ビョンホン)もシタオを探していることが判明する。

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
(C) Lam Duc Hien, Photographer

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』★大きな感動ではないけれど想うところありました。 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年3月20日 22時53分)
    映画レビューしました。 ネタばれ表示なしですが しそうなところは、▼つけています。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id333778/rid60/p0/s0/c0/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/26244/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン from カフェビショップ (2011年2月3日 6時13分)
    「アイ カム・ウィズ・ザ・レイン」 嫌いじゃないけどなあ。 映像的な質感とか好きなんすよ。 画面構成もさ、手前と中間とその奥っていう奥行きをフルに使った 空間構成ができてる人物の配置とか、 色の感じとかいいんだよね。 監督はトラン・アン・ユン。 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」 from prisoner's BLOG (2010年12月18日 8時47分)
  • I Come With The Rain (アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン) from Cinema Review シネマ・レビュー   そこそこ見てます☆ (2010年1月18日 12時32分)
    I Come With The Rain (2009) ★☆☆☆☆ (FRA)    日本語タイトル: アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン official site: http://icome.gyao.jp/  Starring: Jo... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン from シネマDVD・映画情報館 (2009年12月13日 5時34分)
     HEROなどで映画俳優としても活躍する木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。監督は、『青いパパイヤの香り』夏至のトラン・アン・ユン。製作にはバベルの製作陣があたり、音楽をレディオヘッドが担当している。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年6月1日の週の公開作品
  3. 『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』