シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
花と兵隊
(C) 2009 Yojyu Matsubayashi
製作年:
2009年
製作国:
日本
日本公開:
2009年8月8日
上映時間:
配給:
安岡フィルムズ
カラー/DVカム

チェック:出征先の東南アジアで第二次世界大戦終戦を迎え、現地に残った未帰還兵たちの生の声をとらえたドキュメンタリー。家庭を持ち、現地で生活を営む未帰還兵たちが、日本へ帰らなかった理由を語り、生々しく衝撃的な戦争体験を告白する。撮影当時20代だった松林要樹監督が3年に及ぶ取材を敢行し、元兵士たちの心の奥でくすぶり続ける心情を導き出すことに成功。壮絶な体験を語る老人たちの表情のかげりに、胸を強く締め付けられる。

ストーリー:タイと旧ビルマの国境付近。多くの日本兵が戦死したり帰国したが、今もこの地で老後を送る者たちがいる。パオ族の女性と結婚した坂井勇は精米所を経営し、裏庭をカレン族やパオ族の人たちに貸しながら生活を送っていた。また、藤田松吉は800体の遺骨を集めて慰霊塔を自費で建てた。今、戦争の悲惨さが彼らの口から語られる。

花と兵隊
(C) 2009 Yojyu Matsubayashi

スタッフ

監督・撮影・編集:
編集: 辻井潔
音楽: 津嘉田泰三
タイトルデザイン・宣伝美術: 成瀬慧
プロデューサー: 安岡卓治

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『花と兵隊』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『花と兵隊』/異国の地で語られる戦争の真実 from LOVE Cinemas 調布 (2009年8月15日 4時2分)
    終戦記念日に是非紹介したい本作。第二次世界大戦で現地に残った未帰還兵を追ったドキュメンタリー。彼らは何故日本に帰らず現地に残る道を選んだのか。松林要樹監督は2005年から3年間に渡って取材し、未帰還兵から真実の言葉を引き出します。終戦から64年を経た今明らかになる真実とは…。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 花と兵隊 from INTRO (2009年7月23日 14時5分)
    『撮る側と撮られる側の30年』 / 編集やパンフレットの製作に携わっている手前、こそばゆい感じもするが、筆者があれこれ言辞を弄したところで、『花と兵隊』が素晴らしいドキュメンタリー映画であることには変わりない。僭越ながら、ここに紹介させていただく。太平洋戦争下で地獄と化したビルマ。過酷な労働条件のもと、多くの犠牲者を出... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アレックスとの再会 from Piece Of Peace (2009年6月24日 1時6分)
    13年以上前にバンコクで会った友人アレックスと再会。京橋で南インド料理を食べた。... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年8月3日の週の公開作品
  3. 『花と兵隊』