シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

14才のハラワタ

公式サイト:http://haradawataru.jugem.jp/
14才のハラワタ
製作年:
2009年
製作国:
日本
日本公開:
2009年10月17日
上映時間:
配給:
トリウッド
カラー

チェック:自分のことをハラワタと呼ぶ中学2年生の女子、原田ワタルのマイペースな日常を描くハートフルな物語。学生による商業映画製作がコンセプトの“トリウッドスタジオプロジェクト”の第4弾となる本作は、19歳の佐山もえみが脚本と監督を担当。彼女の中学生時代の塾での経験を交えながら、細やかな演出で普段見落としがちな日常の穏やかさを描出する。ヒロインをはじめ、彼女を取り巻く人々の一生懸命に生きる姿に元気をもらえる。

ストーリー:ハラワタこと中学2年生の原田ワタル(長野レイナ)は、なかなか家に帰らず、つかみみどころのないお父さん(松田洋治)や料理が大の苦手なお母さん(大家由祐子)、友だちに囲まれながらマイペースに暮らしていた。ある日、お父さんがとうとう家に戻らなくなり、お母さんに呼び出されたハラワタは、あることを教えてもらう。

14才のハラワタ

スタッフ

監督・脚本:
プロジェクトマネージャー: 大槻貴宏
プロデューサー: 山本達也
技術プロデューサー: 日根野晋一
撮影: 西岡ほさな
照明: 三多祐也
録音: 堀谷みなみ
音楽: 関島岳郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 14才のハラワタ from 七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba (2009年11月7日 1時29分)
    原田ワタル。略してハラワタ。 「大丈夫だよ」って、ハラワタは そっと そばにいる。 なんともホラーチックなタイトルだ。でも、タイトルのような恐ろしい映画ではない。 「学生が商業映画を作る」というトリウッドスタジオプロジ ...[外部サイトの続きを読む]
  • レビュー:14才のハラワタ from INTRO (2009年9月30日 18時0分)
    『“かつて14才だった人たち”のための物語』 / トコトコ、テトテト、ブカブカ。「14才のハラワタ」(09)を見終わって心に残ったのは、ハラワタなんていうドロドロした言葉とは裏腹の、ゆったりとしてあたたかい、それでいてちょっと変わったリズムだった。14才の内臓か過激な実態でも見られるかと期待している人には申し訳ないが、この映画にそういうものは出てこない。確かに14才のハラワタ=心の内を少し覗くことはできるけれど、その描き方は生々しくも赤裸々で... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年10月12日の週の公開作品
  3. 『14才のハラワタ』