シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

死刑台のエレベーター

公式サイト:http://www.shikeidai.jp/
死刑台のエレベーター
(C) 2010「死刑台のエレベーター」製作委員会
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2010年10月9日
上映時間:
配給:
角川映画
カラー

チェック:ヌーベルバーグの傑作と評されるルイ・マル監督の同名サスペンスを、世界で初めてリメイク。不倫関係にある男女が完全犯罪を企てるものの、エレベーターのアクシデントによって計画に狂いが生じていく様を描く。監督は、『のんちゃんのり弁』の緒方明。主演は、『ライアーゲーム』シリーズの吉瀬美智子と、『トリック』シリーズの阿部寛。さらに、もう一つ殺人事件に手を染める若いカップルを『ハゲタカ』の玉山鉄二と、『花のあと』の北川景子が演じる。

ストーリー:医療グループの社長夫人・芽衣子(吉瀬美智子)は若い医師・時籐(阿部寛)と愛人関係になり、年の離れた夫を自殺に見せかけ殺害することを計画。犯行当日、芽衣子は約束の場所で時籐を待つが彼は一向に現れない。芽衣子がいら立ちを募らせる一方、時籐はエレベーターの中に閉じ込められるアクシデントに巻き込まれていた。

死刑台のエレベーター
(C) 2010「死刑台のエレベーター」製作委員会

動画

映画『死刑台のエレベーター』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『死刑台のエレベーター』ポスター
    ポスター
  • 映画『死刑台のエレベーター』チラシ
    チラシ
  • 映画『死刑台のエレベーター』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『死刑台のエレベーター』「死刑台のエレベーター」オリジナルポストカードセット(非売品)
    「死刑台のエレベーター」オリジナルポストカードセット(非売品)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
脚本: 木田薫子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『死刑台のエレベーター』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 死刑台のエレベーター : ドイヒーサスペンス from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2012年6月21日 20時30分)
    今日の広島は天気よくありません。まあ、梅雨だから仕方ないですが。くれぐれも災害には、注意して下さい。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 死刑台のエ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 死刑台のエレベーター from カフェビショップ (2011年4月18日 6時31分)
    エレベーターはどうでもいい「死刑台のエレベーター」 奇妙。 不気味。 なんか変すぎて気持ち悪くなってきた。 ルイ・マルの「死刑台のエレベーター」の日本リメイク作品なんすけど、 なんか変わったテイストの映画になったなあってかんじです。 上司の女房と不… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「死刑台のエレベーター」は「いつか読書す... from 映画と出会う・世界が変わる (2010年12月3日 12時2分)
    「いつか読書する日」の主人公たちは、自ら定めた人生のルールを他人から何と言われようと、ひたすら守って、愚直に生きる人々であった。この「死刑台のエレベーター」の主人公二人... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『死刑台のエレベーター(2010/日)』はおもしろ日本語カバーだよ。 from かろうじてインターネット (2010年12月3日 11時54分)
    もう12月になってしまったではないか。  12月は見たい映画が死ぬほどあって、数えてみたら14本ありました。2日に一本見なきゃ間に合わない。  そんな中、こんなん観に行っている暇あるのか... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「死刑台のエレベーター」は2010年に起こりう... from 映画と出会う・世界が変わる (2010年12月1日 8時45分)
    ルイ・マルの「死刑台のエレベーター」は、まさに映画史に残る大傑作であり、これと今回の緒方明作品とを比較すること自体は全くのナンセンスである。比較の結果は自明である。映画... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年10月4日の週の公開作品
  3. 『死刑台のエレベーター』