シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

モリエール 恋こそ喜劇

モリエール 恋こそ喜劇
(C) 2006 FIDELITE FILMS-VIRTUAL FILMS-WILD BUNCH‐FRANCE 3 CINEMA-FRANCE 2 CINEMA
英題:
MOLIERE
製作年:
2007年
製作国:
フランス
日本公開:
2010年3月6日
(Bunakamura ル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
セテラ・インターナショナル
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:笑いの中に人間の本質を描き出し、今も世界中の人々を魅了する17世紀フランスの天才劇作家モリエールの名作がどんな経験から生まれたのかを、大胆な発想で紡いだ歴史喜劇。モリエール作品のエッセンスを織り込みながら、彼が若き日に経験した冒険とロマンスを涙と笑いとともに描く。主演は『PARIS(パリ)』のロマン・デュリス。共演にはベテランのファブリス・ルキーニ、『スイミング・プール』のリュディヴィーヌ・サニエら実力派が名を連ねる。

ストーリー:1644年、22歳の駆け出しの劇作家モリエール(ロマン・デュリス)は前年に旗揚げした劇団の借金が膨れ上がり、債権者から追われていた。多額の借金に苦しむ彼は、金持ちの商人ジュルダン(ファブリス・ルキーニ)に窮地を救われる。借金の肩代わりと引き替えに、ジュルダンの演劇指南役として雇われることになったモリエールは……。

モリエール 恋こそ喜劇
(C) 2006 FIDELITE FILMS-VIRTUAL FILMS-WILD BUNCH‐FRANCE 3 CINEMA-FRANCE 2 CINEMA

動画

映画『モリエール 恋こそ喜劇』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『モリエール 恋こそ喜劇』ポスター
    ポスター
  • 映画『モリエール 恋こそ喜劇』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『モリエール 恋こそ喜劇』クリアファイル
    クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『モリエール 恋こそ喜劇』★ロマンの馬(!)も美しい涙もイイ☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年5月4日 22時51分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/150837/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   モリエールが22歳のときの空白期間のことを 創作した作品なのだそうです。   貴劇団の団長:モリエールは、借金の肩代わりを、ある富豪にしてもらいました。 代わりに、その富豪は、娘ほど若い侯爵夫人の愛を得るための、寸劇を試み... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「モリエール 恋こそ喜劇」 from 元・副会長のCinema Days (2010年7月30日 6時31分)
    (原題:MOLIERE )映画の中身は淡泊で、少なくともアルアーヌ・ムヌーシュキン監督が78年に撮った大作「モリエール」にはとても及ばない出来映えだ。しかし凡作と片付けてしまうのは早計で、けっこう面白いモチーフも散りばめられている。その一つが、リュディヴィーヌ・サニエ扮する侯爵夫人の造型だ。  侯爵夫人とはいっても旦那はすでに逝去しており正確には未亡人なのだが、その若さと魅力的な容姿、そして奔放な言動で社交界の人気者である。しかし、実体は自分だけを高みに置いて他人を冷笑する鼻持ちならない女だった。ただ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『モリエール 恋こそ喜劇』 (2010) from よーじっくのここちいい空間 (2010年5月28日 23時15分)
    笑った後で、泣けちゃう映画って、やっぱり、いいです。最後まで機知に富んだ趣向が凝らされていて、私には久々に大満足の映画でした。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • モリエール 恋こそ喜劇  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2010年3月15日 3時55分)
    17世紀フランスの成り上がりの金持ちの家を舞台にしたコメディ。モリエールの伝記というより、モリエールの喜劇をベースにしたストーリー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • モリエール 恋こそ喜劇/エスプリの効いたフランス喜劇です from LOVE Cinemas 調布 (2010年3月9日 16時34分)
    17世紀フランスの天才劇作家モリエールの若かりし頃を描いたまさにフィクションの伝記だ。まさに映画そのもので舞台喜劇を演じているかのようなストーリーはフランス映画でありながらも明るい笑いが溢れている。主演は『PARIS(パリ)』のロマン・デュリス。共演にファブリス・ルキーニ、リュディヴィーヌ・サニエらが出演。監督はこれが2作目の長編作品となるローラン・ティラール。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年3月1日の週の公開作品
  3. 『モリエール 恋こそ喜劇』