シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
乱暴と待機
(C) 2010『乱暴と待機』製作委員会
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2010年10月9日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間:
配給:
メディアファクトリー / ショウゲート
カラー/ビスタサイズ/DTSステレオ

チェック:浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之という実力と人気を兼ね備えた俳優たちが共演し、愛憎交わる奇妙な人間ドラマを繰り広げる群像劇。のぞく男とのぞかれる女に訳あり夫婦の、濃密な四角関係の行方をテンポ良く描く。演劇界と文学界の両方で注目を集める本谷有希子の原作を基に、『パビリオン山椒魚』などの鬼才、冨永昌敬監督が映画化。不器用でこっけいな人間たちが見せる切なさや優しさに、魅了される。

ストーリー:番上(山田孝之)と妊娠中の妻・あずさ(小池栄子)が引っ越した先にいたのは、あずさの高校時代の天敵、奈々瀬(美波)だった。しかも、奈々瀬は怪しい男・英則(浅野忠信)と兄妹のフリをしながら同居し、英則は屋根裏から奈々瀬をのぞくことを習慣にしていた。しばらくして番上と奈々瀬が接近したことから、さらに4人の関係はいびつになっていく。

乱暴と待機
(C) 2010『乱暴と待機』製作委員会

動画

映画『乱暴と待機』TVスポット
映画『乱暴と待機』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『乱暴と待機』ポスター
    ポスター
  • 映画『乱暴と待機』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『乱暴と待機』覗き穴付ボックスティッシュ
    覗き穴付ボックスティッシュ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・編集:
原作: 本谷有希子
撮影: 月永雄太
音楽: 大谷能生

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『乱暴と待機』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「乱暴と待機」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2011年10月16日 11時55分)
    関連記事はここ。 Tweet <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2495062&pid=878224583"></script><noscript><a href="… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 乱暴と待機【映画】 from カフェビショップ (2011年5月24日 7時18分)
    「乱暴と待機」 わけわからんなあ。 つまらなくはなかったけど、なんだこりゃみたいな 変なのを見たってかんじですね。 もともとが舞台演劇らしく、 それっぽい感じのキャラクターがそれっぽい動きをする。 美波演じるキャラクターなんてもろに、 演劇にでて… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ 乱暴と待機 (2010) ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年5月15日 0時33分)
    人間の可笑しみと哀しみを、暴力的なまでのうねりと疾走感で描く、気鋭の演出家・作家の本谷有希子。彼女自身の作・演出で05年に上演され、その後小説として刊行された『乱暴と待機』は、男女四人の淫靡で滑... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★ 『乱暴と待機』 from 映画の感想文日記 (2010年12月25日 22時44分)
    2010年。「乱暴と待機」製作委員会。   冨永昌敬監督・脚本。本谷有希子原作。  冨永昌敬監督の新作だと聞いて、見てみようと思ったものの、原作が『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の本谷有希子氏だと知り、もっとも苦手なジャンルの世界なので、敬して遠ざ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 乱暴と待機 from 幕張コーポ前 (2010年11月30日 1時2分)
    「乱暴と待機」観てきました。傍から見ると、理解しがたいカップルも、2人が幸せであれば、それでいい。それでいいのかはわたしにはよくわかりません。ぶん殴られて、顔にアザ作って、なんであんなヤツと付き合ってんだ?と聞いたら、だってやさしいから。わははは。おまえら ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年10月4日の週の公開作品
  3. 『乱暴と待機』