シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
君が踊る、夏
(C) 2010「君が踊る、夏」製作委員会
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2010年9月11日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:高知県のよさこい祭りをモチーフに、難病で余命わずかな少女と、彼女のために情熱のすべてを祭りに注ぐ若者たちの姿を、実話をベースに描く感動ストーリー。『赤い糸』の溝端淳平が、少女との約束と自分の夢の間で揺れ動く主人公を演じるほか、難病の妹をいたわるヒロインを『20世紀少年』シリーズの木南晴夏が好演。また、本作のために書き下ろされた東方神起の主題歌、猛特訓を重ねたキャストたちのダイナミックな踊りにも注目だ。

ストーリー:カメラマンを目指して東京でアシスタントとして働く新平(溝端淳平)は、母が入院した知らせを受けて5年ぶりに帰郷する。病院で高校時代の恋人・香織(木南晴夏)や、その妹で難病を患っているさくら(大森絢音)と再会した新平は、さくらと一緒によさこい祭りで踊る約束を思い出し、旧友たちと共に踊ることを決意する。

君が踊る、夏
(C) 2010「君が踊る、夏」製作委員会

動画

映画『君が踊る、夏』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『君が踊る、夏』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『君が踊る、夏』「君が踊る、夏」豪華特製ブックレット
    「君が踊る、夏」豪華特製ブックレット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本: 松尾朝子
主題歌: 東方神起

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『君が踊る、夏』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 君が踊る、夏 <えっ!実話なの!!> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年10月1日 19時51分)
    青春だなぁ。高知だっけ? テーマが思いなぁ。 トリックのアパートに見えてしまう。 ウィッシュ!ワロタ。 よさこい? かっこいいなー。 うーん、重い。ラストが見えるだけに、 どうその間を埋めるのか気になる。 ベタ設定は、ベタか。 集まってキター! あら、きれい。 どうする? えー!? あぁー、泣いた。 キター! かっこいい! 注が最後にある。 実話ベース。そして予想を裏切る結末。 映画としては、微妙だけど、良いね。 君が踊る、夏 - goo ...[外部サイトの続きを読む]
  • ユノ どや顔の秘密 from あかりの日常 (2010年11月6日 21時4分)
    ユノ どや顔の秘密 K-POPが人気ですね。毎日テレビで見ます。 東方神起は活躍して長いですが、なかでもユノのどや顔が 話題です。 背も高く、踊と歌も最高。 東方神起のユノ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ユノ どや顔 from ボスの日記 (2010年11月6日 20時0分)
    ユノ どや顔 人気のK-POPの代表といえば東方神起。 東方神起のユノに注目しています。 歌も踊りも最高の東方神起のユノですが、どや顔も 最高です。 東方神起(ユノ・ユンホ) 写真コレクション どや顔って、得意そうな顔つきのことですけど、得意なんだから ...[外部サイトの続きを読む]
  • 本田博太郎 風の旅人 from 亮太の日記 (2010年10月23日 17時24分)
    本田博太郎 風の旅人 「必殺仕舞人」の主題歌、本田博太郎の「風の旅人」って なかなか味があっていいですよね。 グループ魂にも登場していますよ。 TVサントラ/必殺仕舞人/新必殺仕舞人 川谷拓三の「負け犬の唄(ブルース)」という 曲もありましたが、必殺シリーズのCDを聞いている人は 多いですよ。 >>楽天で必殺仕舞人のCDやDVDをさがす ...[外部サイトの続きを読む]
  • JYJ 「The Beginning」発売! 限定盤はココで! from 韓国・韓流ドラマつぶやき (2010年10月4日 13時45分)
    東方神起の「ジェジュン、ユチョン、ジュンス」の3人が「JYJ」を結成、 新アルバム「The Beginning」を10月12日に発売♪ 新アルバムは全10曲。 全曲英語で歌ってるヨ! ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年9月6日の週の公開作品
  3. 『君が踊る、夏』