シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
デッドプール
(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
英題:
DEADPOOL
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年6月1日
(TOHOシネマズ 日劇1ほか)
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
製作会社:
Twentieth Century Fox Film Corporation / Marvel Entertainment / Kinberg Genre / Donners' Company / TSG Entertainment
カラー

チェック:『[リミット]』などのライアン・レイノルズを主演に迎え、マーベルコミックスの破天荒ヒーローを実写映画化したアクション。人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にした主人公が、ジョークを口にしつつ暴れまくる姿を描く。共演は『トランスポーター イグニション』などのエド・スクライン。現実世界とフィクションの境を越えて、観る者を自分の世界に引き込む風雲児の活躍に胸が高鳴る。

ストーリー:ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。

デッドプール
(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    飽和状態のスーパーヒーロー映画に欠けていた残忍・爆笑・純情!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ひっきりなしに現れるスーパーヒーロー映画で、映画館の空気は「トラウマに押し潰されそうな鬱屈」や「世界の苦悩を一身に背負う決意」で重苦しくなっていくばかり。しかめっ面の飽和状態に疲れていた矢先、【軽み】と容赦ない【エログロ】と純情な【ラブストーリー】の融合は、何ものにも代え難い。イノセンスゆえに残忍、下ネタで覆い隠すピュアな心、笑いながら泣かせる超絶技巧。この異端で異形のヒーローこそ、今のシネコンに最も欠けていたもの。いや、コンプライアンスがちがちで萎縮しまくるテレビも、ブラウン管が見世物だった頃の活気を取り戻すため、本作の爪の垢を煎じて飲むべきだ。世界にはデッドプールが足りなすぎる!

  • くれい響
    俺ちゃんはある朝突然に
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『アントマン』どころじゃないブッ飛んだ俺ちゃんのキャラだけでなく、スタン・リーのカメオもお下劣キャラだったりと、『変態仮面』にも近い全編潔いほど悪ノリのオンパレードに圧倒。しかも、マーベルからボルトロン、「フォルティタワーズ」『フェリスはある朝突然に』に至るまで、明らかにアラフォー向けな小ネタのブッ込み方がハンパない。まさに肉弾戦なコロッサスVSジーナ・カラーノ戦など、おなじみロバート・アロンゾ仕込みのアクションも見どころ満載。なのに、冗談じゃないぐらいワム!やシカゴの楽曲が彩る、泣けるほどの純愛ラブストーリーに仕上がっている恐ろしさ。劇中の俺ちゃんじゃないが、四度見してしまいそうだ。

  • 相馬 学
    過激にチャーミングなアメコミ映画の突破口
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     “バカ映画の始まりです”という冒頭のテロップ、正義のために戦わないヒーロー像、下ネタ満載のギャグ、激しいバイオレンス。従来のお行儀のいいアメコミ・ヒーロー映画の枠組を超えていることこそ本作の注目点。

     すべてはデッドプールという主人公をチャーミングに見せるうえで機能する。ハローキティのバッグに銃を詰めてタクシーで出動し、運転手の恋の悩みの相談に乗るのだから、無責任キャラとはいえ嫌いになれるはずがない。

     アメコミ原作映画はマンネリ化も囁かれていたが、その多様性を広げる起爆剤となりそうな逸品。こういう型破りなR指定映画が業界最王手のマーベルで作られ、世界的にヒットした意味は極めて大きい。

  • 山縣みどり
    ノー天気な上にエロい、型破りなヒーロー万歳
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    両親殺害を目撃したバットマンや自社開発の兵器が人命を奪うことに衝撃を受けたアイアンマンなどなど、ヒーローのトラウマって面倒くさい。そう思っていた身なので、ヒーロー像を破壊するデップーの活躍に胸スッキリ! モラルにもルールにも縛られない身勝手さがいっそ清々しい彼は、戦闘に向かうのにタクシーを利用したかと思ったら、運転手相手にしゃべくりまくり、あげくの果てには武器を忘れてきたことに気づく。ノー天気のきわみだが、演じるライアン・レイノルズの痛快ジョークがガソリンとなって、物語が加速する。テンポは軽快だし、アクションもハードコア。悪役がやや弱いが、シリーズ化決定なので続編に期待したい。

  • 平沢 薫
    オープニングからいきなりヤラレる!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     痛快! オープニングの、普通は出演者名が表記されるところがもうスーパーヒーロー映画へのツッコミになってて、そのノリで最後まで暴走。しょーもない下ネタと、健全な批判精神が並立してるところもナイス。製作経緯がまた痛快。主演&製作のライアン・レイノルズは以前からこのアメコミ界でも異色のキレ・キャラが大好きで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でこのキャラを演じたのに、あの映画ではこのキャラらしさがないのが不満でこのキャラの主演映画を企画。まだ長編映画監督は未経験のティム・ミラー監督と組んで、自分が演じたいように演じたら、なんと驚異の全米大ヒット作に。レイノルズの自分へのツッコミにも爆笑。

動画

映画『デッドプール』予告編
俺ちゃんの予告だよ!『デッドプール』特別映像
映画『デッドプール』海外版スポット
『デッドプール』本予告
映画『デッドプール』本編映像
8人のデップーたちのゆる~い特別映像『デッドプール』
映画『デッドプール』本編映像
デップーが日本のみんなにメッセージ!『デッドプール』特別映像
全身コンドームで戦う!映画『デッドプール』特別映像
今週のHOT MOVIES 2016.6.1-4
今月の5つ星2016年6月
THIS WEEK MOVIE RANKING 2016.6.4-5
THIS WEEK MOVIE RANKING 2016.6.11-12
今週のMOVIEランキング 2016.6.18-19

ポスター/チラシ

  • 映画『デッドプール』ポスター
    ポスター
  • 映画『デッドプール』ポスター
    ポスター
  • 映画『デッドプール』チラシ
    チラシ
  • 映画『デッドプール』チラシ
    チラシ

スタッフ

撮影監督: ケン・セング
プロダクションデザイナー: ショーン・ハワース
VFXスーパーバイザー: ジョナサン・ロスバート
ミュージックスーパーバイザー: ジョン・フーリアン
衣装デザイナー: アンガス・ストラティー
キャスティング: ロナ・クレス

キャスト

デッドプール/ウェイド・ウィルソン:
ヴァネッサ:
エイジャックス/フランシス:
ウィーゼル:
エンジェル・ダスト:
ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『デッドプール』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【デッドプール】 from 元ボクサーの一念発起 (2016年10月7日 18時21分)
    正義じゃないヒーロー参上! [リミット]などのライアン・レイノルズを主演に迎え、マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフ!破天荒ヒーローを実写映画化したアクションです。 いそっそう612 どうも、いごっそう612です!なかなか面白いです。 【作品情報】 原題:DEADPOOL洋画:SFアクション製作年:2016年製作国:アメリカ日本公開:2016年6月1日レンタル開始:2016年10月5日上映時間:108分公式サイト あらすじ ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「デッドプール」 from ここなつ映画レビュー (2016年9月16日 19時20分)
    今更ながら「デッドプール」なのである。評判が良いのは知っていたが、なんだかんだで観る機会を逸し今日まで来てしまった。元々が別にライアン・レイノルズ好きではなかったというのも一因かもしれない。だが、ライアン・レイノルズは予想以上であった。セクシーでイケメンでパーフェクトな肉体美を持っているのだから、もうこんな役にひっちゃきにならなくてもいいのでは?と思ってみたが、嬉々として(という風に見える)暴れ回る彼には好感が持てる。内容は、お下劣でバカバカしい。スプラッタ系も満載。これも全く前評判通りである。小ネタがツボ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「デッドプール」 from 元・副会長のCinema Days (2016年6月29日 6時27分)
    (原題:DEADPOOL)さっぱり面白くない。賑やかな画面とは裏腹に、こちらは眠気を催してきた。アメリカではR指定作品としては興収歴代1位のオープニングを飾ったらしいが、こんなものを観て喜んでいるようでは、彼の国の観客のレベルもそう高くはないようだ(苦笑)。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「デッドプール」-楽天エンタメナビ from 映画の棚 (2016年6月6日 23時50分)
    (C)2015TwentiethCenturyFoxFilmCorporation.AllRightsReserved.映画「デッドプール」この作品情報を楽天エンタメナビで見る 今回は、現在、世界中で旋風を巻き起こしている超無責任アクション映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『デッドプール』 ネタバレあり感想 シンプルなストーリーだからこそ頭が空っぽで楽しめる映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年6月6日 23時22分)
    俺はスーパーだが、ヒーローじゃない。でも愛する彼女が狙われたら、スーパーヒーローになっちゃうよ。 using あまらく 『デッドプール』(原題:DEADPOOL)予告編動画 3月は『バッ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月30日の週の公開作品
  3. 『デッドプール』