シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

僕と妻の1778の物語

公式サイト:http://bokutsuma.jp
僕と妻の1778の物語
(C) 2011 関西テレビ放送 フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 S・D・P FNS26社
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2011年1月15日
上映時間:
配給:
東宝
カラー/ドルビーSR/ビスタビジョン

チェック:フジテレビ系列で放映された「僕の生きる道」シリーズが、SF作家の眉村卓と2002年にガンで逝去した夫人との感動の実話を基に映画化。毎日1編の短編小説を5年にわたって書き続け、余命1年の宣告を覆した奇跡の記録が朔太郎と節子の物語としてよみがえる。仲むつまじい夫婦を演じるのは、『黄泉がえり』以来の再共演となる草なぎ剛と竹内結子。監督は『笑の大学』の星護。愛する人のためにベストを尽くす二人の感涙のエピソードに心洗われる。

ストーリー:SF作家の朔太郎(草なぎ剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に入院し、彼女の体が大腸ガンに冒されていることが判明。医師(大杉漣)に余命1年と宣告された朔太郎は最愛の妻にだけ向けて、毎日原稿用紙3枚以上の短編小説を書くことにする。


スタッフ

監督:
原作: 眉村卓
脚本: 半澤律子
プロデューサー: 重松圭一 / 種田義彦 / 岩田祐二
アソシエイトプロデューサー: 川上一夫 / 瀬田裕幸
ラインプロデューサー: 伊藤正昭
技術プロデューサー: 友部節子
美術プロデューサー: 杉川廣明
撮影: 浅野仙夫
照明: 三上日出志
録音: 山成正己
映像: 阿部友幸
美術デザイン: 柳川和央
編集: 河村信二
助監督: 中西正茂
音楽: 本間勇輔

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『僕と妻の1778の物語』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『僕と妻の1778の物語』★最終話に泣けてしまいました from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年10月4日 17時17分)
            公式サイトです。 http://www.bokutsuma.jp/index.html   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/153167/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       (ネタバレなしのつもりで雑感です) ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ 僕と妻の1778の物語 ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年7月19日 2時5分)
    テレビ放映された「僕の生きる道」シリーズが、SF作家の眉村卓と2002年にガンで逝去した夫人との感動の実話を基に『黄泉がえり』以来の再共演となる草なぎ剛と竹内結子で映画化。毎日1編の短編小説を5年にわ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 僕と妻の1778の物語 from filmdays daybook (2011年2月5日 13時11分)
    作家・眉村卓が病床の妻のために毎日一話ずつ小説を書き続けた実話をもとに、草彅剛・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★ 『僕と妻の1778の物語』 from 映画の感想文日記 (2011年1月31日 10時4分)
    2011年。関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジェイドリーム/東宝/S・D・P/FNS26社。   星護監督。眉村卓原作。半澤律子脚本。  大杉漣が久しぶりに良い仕事をしている。一体いつ以来だろう、と考えても、出演作が多すぎるので、大部分は見ていない作品ばかりの ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『僕と妻の1778の物語』 | 大ヒット要因は内容よりも目の付けどころの良さ? from 23:30の雑記帳 (2011年1月28日 23時33分)
    カレーを頼んだのにハヤシライスが出てきた、みたいな。 「日比谷」と言ったのに「渋谷」に連れて行かれた、みたいな。 「泣ける」と聞いたのに「シュールなSF」でした、みたい ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年1月10日の週の公開作品
  3. 『僕と妻の1778の物語』