シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
黒く濁る村
(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
英題:
苔 MOSS
製作年:
2010年
製作国:
韓国
日本公開:
2010年11月20日
(丸の内TOEI、シネマスクエアとうきゅう ほか)
上映時間:
配給:
CJ Entertainment Japan
カラー/35ミリ

チェック:『シルミド/SILMIDO』のカン・ウソク監督が、韓国で人気を博したユン・テホ原作のウェブ・コミックを映画化したミステリー。長年音信不通だった父親の死を知った息子が、山奥の村で封印されたある秘密に迫る様子を描写する。主人公を演じるのは、『グッドモーニング・プレジデント』のパク・ヘイル。村長を、『彼とわたしの漂流日記』のチョン・ジェヨンが熱演する。次から次へと暴かれていく村の真実に身震いする。

ストーリー:ヘグク(パク・ヘイル)は、長い間音信が途絶えていた父(ホ・ジュノ)の死を知り、生前彼が暮らしていた村を訪れる。村長(チョン・ジェヨン)の指揮により葬儀は滞りなく行われるが、村人たちは父親の死因について固く口を閉ざしていた。自分に対する彼らのよそよそしい態度や、父の死に違和感を覚えた彼はしばらく村に残ることにする。

黒く濁る村
(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved

動画

映画『黒く濁る村』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『黒く濁る村』ポスター
    ポスター
  • 映画『黒く濁る村』チラシ
    チラシ
  • 映画『黒く濁る村』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『黒く濁る村』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: ユン・テホ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『黒く濁る村』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「黒く濁る村」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2011年10月16日 13時6分)
    関連記事はここ。 Tweet <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2495062&pid=878224583"></script><noscript><a href="h… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 黒く濁る村 from ダイターンクラッシュ!! (2011年4月3日 23時37分)
    2011年4月3日(日) 18:00~ キネカ大森2 料金:0円(二本立ての二本目) パンフレット:未確認 「黒く濁る村」公式サイト 長いよ。その割りに最後まで、主人公の父親の行動原理が、いまいち釈然としない。 長いくせに説明不測ではないかと思う訳だ。 ウェブ・コミックが原作だそうだ。3000万人が読んだとか言っているが、「恋空」のインチキ宣伝と同様に3000万アクセスの誤りでないかと想像。 横溝正史的な嫌な感じの村は、俺が主人公だったら、腹を刺される前に逃走するね。 お勧め度:☆☆★ 釈然としな ...[外部サイトの続きを読む]
  • 黒く濁る村  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2010年12月14日 3時46分)
    全体的に謎に包まれていて不気味でおもしろかった。左遷された検事が左遷の原因の男と協力する設定もおもしろい。でも“あっと驚く展開”という感じではなかった。 全体にもう少し短くまとめた方がスピード感... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「黒く濁る村」 犯罪を犯す人間も悪いけど、それを利用する人間はもっと悪である。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2010年12月4日 0時9分)
    先日、「黒く濁る村」を観て来ました。 ストーリーは、 長年、音信不通だった父の死の知らせを受けて、ヘグクは山奥の村へとやって来た。突然のヘグクの登場に、村人たちは困惑を隠せない。死因が不明な事に納得できないヘグクはしばらく村にいる事にする。やがて、父所有の土 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「黒く濁る村」を観ましたよ from よだれ一滴 (2010年11月30日 0時24分)
    シネマスクエアとうきゅうで「黒く濁る村」を観ましたよ。 死んだ父親の葬儀のために訪れた村がなんかとにかく怪しい!というお話で、宗教に殺人、秘密の地下通路から夜這いまでとホントに何もかもが濁りまくっていて面白かったです。 この村の住人が見るからに恐ろしい狂人たちというわけではなく、その辺の呑気なオッサンに思えてしまうので、父の死の真相を探ろうとする主人公の方が秩序を乱す異物に見えるという構図がよかった。この主人公を「殺人の追憶」で容疑者役をやっていたパク・ヘイルが演じていて、村の男たちの濃すぎる顔 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2010年11月15日の週の公開作品
  3. 『黒く濁る村』