シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫

公式サイト:http://www.iinoda.jp/
これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫
(C) 2011「これでいいのだ!!」製作委員会
製作年:
2010年
製作国:
日本
日本公開:
2011年4月30日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:「天才バカボン」など国民的人気を誇るギャグ漫画の王様、赤塚不二夫と、担当編集者・武居俊樹の35年間の交流を実話に基づいて描く伝記ドラマ。武居の著書「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を基に、天才と呼ばれた男の破天荒な生きざまに迫る。赤塚を浅野忠信が演じるほか、武居を性別を越えて堀北真希がキュートに好演。盟友との衝撃的な出会いや伝説のエピソード、そしてギャグに人生をささげた奇才の人物像に驚かされる。

ストーリー:1967年、小学館の入社式に「少年サンデー」の看板作家・赤塚不二夫(浅野忠信)が、「おそ松くん」のイヤミの姿で現われ、社員全員に“シエー”のポーズをさせてしまう。新入社員の初美(堀北真希)はぼうぜんと立ち尽くしていたが、赤塚に強引に“シエー”のポーズをさせられ、思わず赤塚の顔面にパンチをお見舞いしてしまう。

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫
(C) 2011「これでいいのだ!!」製作委員会

動画

映画『これでいいのだ!!』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』ポスター
    ポスター
  • 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』チラシ
    チラシ
  • 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』これでいい湯だ!!
    これでいい湯だ!!

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本: 君塚良一
原作: 武居俊樹

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2011年5月19日 0時4分)
    赤塚不二夫のことを書いたのだ!! (文春文庫)“本物のバカになる”ことは一種の才能。天才ギャグ漫画家の赤塚不二夫と担当編集者の破天荒な日々は、ギャグに真剣に取り組むことと実 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ☆これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫☆ from イライラしたら牛乳です。 (2011年5月16日 22時34分)
    ギャク漫画界の天才赤塚不二夫の半生が映画化されました。 彼を35年間にわたって担当した編集者、武居俊樹の著書 赤塚不二夫のことを書いたのだ!!が原作です。 実際のエピソードも盛り込みつつ~ お~~~~いこの映画、何処へ行っちゃうんだい 的な映像も楽... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」 from 元・副会長のCinema Days (2011年5月8日 7時25分)
    演出ダメ、脚本ダメ、演技もダメ、まさに三拍子揃った駄作である。1967年の小学館の入社式を描く冒頭、看板作家の赤塚不二夫が「おそ松くん」のイヤミの姿で現われ、社員全員に“シェー!”のポーズをさせようとするが、その強引さにブチ切れた新入社員の初美が赤塚... ...[外部サイトの続きを読む]
  • これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫/浅野忠信の熱演は一見の価値アリ from LOVE Cinemas 調布 (2011年5月7日 0時19分)
    原作は武居俊樹の「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」。ギャグマンガの王様・赤塚不二夫とその編集担当者だった武居俊樹の交流を描いた伝記ドラマだ。常識を外れた天才漫画家が普段表には決して見せない姿までも描き出す。赤塚不二夫は浅野忠信、編集者武居は性別を変えて堀北真希が演じている。監督は佐藤英明、脚本を「踊る~」シリーズの君塚良一が務めた。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫」パワフルな時代にパワフルな漫画家 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2011年5月7日 0時14分)
    先日、「これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫」を観てきました。 ストーリーは、 大好きな少女マンガを作ることを夢見て、出版社に入社した武田初美=堀北さん。しかし「少年サンデー」に配属された彼女は、人気絶頂のギャグマンガ家・赤塚不二夫の担当に任命されてしまう。口 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年4月25日の週の公開作品
  3. 『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』