シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
リセット
(C) 2010 VANISHING ON 7TH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
英題:
VANISHING ON 7TH STREET
製作年:
2010年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2011年2月5日
上映時間:
配給:
リベロ / 日活
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:『マシニスト』の鬼才ブラッド・アンダーソン監督と、『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデン・クリステンセンが手を組んだ心理サスペンス。世界中で起きた大停電を機に、人々がこつ然と闇に消えていく中で、生き残った4名の男女が自らの消失を必死に食い止めようとする姿を描く。共演は『クラッシュ』のタンディ・ニュートンや、『3人のエンジェル』のジョン・レグイザモ。まったく先の見えないストーリー展開や、じわじわと迫り来る闇の恐怖に戦慄(せんりつ)する。

ストーリー:ある晩、映写技師のポール(ジョン・レグイザモ)が突然の停電に驚いて映写室から飛び出すと、そこは一瞬のうちに無人になっていた。同じころ、理学療法士のローズマリー(タンディ・ニュートン)は、抜け殻のような白衣の山が残された病院を助けを求めてさまよい歩く。その翌日、テレビレポーターのルーク(ヘイデン・クリステンセン)が部屋で目を覚ますと恋人の姿はなく、外には無人の街が広がっていた。

リセット
(C) 2010 VANISHING ON 7TH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

動画

映画『リセット』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『リセット』ポスター
    ポスター
  • 映画『リセット』チラシ
    チラシ

スタッフ

衣装デザイナー: ダニエル・ホロウェル
ビジュアルエフェクトデザイナー: ジョン・ベア

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リセット』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「リセット」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2011年10月16日 12時14分)
    関連記事はここ。 Tweet <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2495062&pid=878224583"></script><noscript><a href="… ...[外部サイトの続きを読む]
  • リセット【映画】を見た from カフェビショップ (2011年10月16日 5時30分)
    リセットして見る前に戻りたい「リセット」 これはきつい。 邦題はリセットなんすけど、 原題のバニシングのほうがしっくりくるんじゃないすかね。 「消失」とでもつけとけば こっちのほうが内容と合致しているような 気がするのだが。 リセットというと、一… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画レビュー 「リセット」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) (2011年10月8日 18時30分)
    リセット  原題:Vanishing On 7th Street 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ある日、人々が突然姿を消し、全てを闇が覆っていく中で、生き残った4人の男女がサバイバルを続けるパニ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ リセット ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年8月6日 13時11分)
    「闇」が人類を粛清する。 ブラッド・アンダーソン監督と、ヘイデン・クリステンセンが手を組んだ心理サスペンス。 世界中で起きた大停電を機に、人々がこつ然と闇に消えていく中で、生き残った4名の男女... ...[外部サイトの続きを読む]
  • リセット (2010) ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年2月16日 3時22分)
    何が起きるのだろう? 何でこうなったのだろう? 何かの意味があるのだろうか? 彼らは何ものなのか? なぜ彼らが選ばれたのか? いろいろ疑問がわいてくる、という意味では退屈しなかった。でも全体とし... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年1月31日の週の公開作品
  3. 『リセット』