シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
さや侍
(C) 2011「さや侍」製作委員会
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2011年6月11日
上映時間:
配給:
松竹
カラー

チェック:『大日本人』『しんぼる』と、独特の視点と感性で作品を世に送り出してきたダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。侍として戦っていくことをやめた男と、そんな父を軽べつする娘のきずなや葛藤(かっとう)を、独自の笑いと悲しみを交えて映し出す。侍の男に、バラエティー番組「働くおっさん劇場」で人気を博していた野見隆明、その娘を『僕の初恋をキミに捧ぐ』の熊田聖亜が演じる。時代劇らしからぬ特異な設定など、松本監督ならではの一筋縄ではいかない展開に注目したい。

ストーリー:ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしていたのだが、無断で脱藩した勘十郎には懸賞金がかけられており、とうとう捕まってしまう。しかし、奇人として世間では有名だった殿様から「30日の業」に成功したら、無罪にすると言われ……。

さや侍
(C) 2011「さや侍」製作委員会

動画

映画『さや侍』特報
映画『さや侍』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『さや侍』ポスター
    ポスター
  • 映画『さや侍』チラシ
    チラシ
  • 映画『さや侍』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『さや侍』『さや侍』“音声ストラップ”
    『さや侍』“音声ストラップ”

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『さや侍』の映画ニュース

  • モデルで女優のりょうが、夫のTOSHI-LOWがボーカルを務めているバンドBRAHMANのドキュメンタリー『映画 ブラフマン』に出演していることがわかった。りょうにとって『さや侍...
  • 天才・松本人志、映画監督としての実力を分析
    唯一無二の存在としてお笑い界をけん引する松本人志が映画監督としてデビューして6年、早くも4作目となる最新作『R100』がついにその謎に包まれたベールを脱ぐ。わずか3作品...本監督。娘が誕生し新境地となった3作目『さや侍』は誰もが予想だにしなかった時代劇だった...
  • 松本人志『R100』全米公開決定!
    ダウンタウンの松本人志監督第4作となる映画『R100』の完成披露試写会が24日、都内で行われ、ニューヨークやサンフランシスコをはじめとした2014年の全米公開が発表された。...た。 本作は、『大日本人』『しんぼる』『さや侍』の松本監督最新作。「SとM」をテーマに、...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「さや侍」 from prisoner's BLOG (2011年7月5日 6時28分)
    松本人志が「シネマ坊主」で、王様を笑わせなかったら死罪となる芸人を扱った韓国映画「王の男」について、あれで笑わせられるとは思えない、とお笑いのプロとして批判していたが(もっとも、あれは王が笑ってしまってから後のドラマの方が眼目だったけれど)、似たような... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 松本人志の第3弾。【映画】さや侍 from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら (2011年7月1日 18時35分)
    【映画】さや侍 『大日本人』『しんぼる』に続く、 ダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。 【あらすじ】 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしてい ...[外部サイトの続きを読む]
  • さや侍 from sailor's tale (2011年6月25日 17時59分)
    Killing Yourself To Live ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『さや侍』 from ひよりのリズム (2011年6月24日 0時26分)
    松本人志監督作品、『さや侍』を観て来ました。 松ちゃんの映画は1本も見たことなく ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年6月6日の週の公開作品
  3. 『さや侍』