シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
(C) 2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.
英題:
EXIT THROUGH THE GIFT SHOP
製作年:
2010年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2011年7月16日
(シネマライズ)
上映時間:
配給:
パルコ / アップリンク
カラー

チェック:ストリート・アーティストのバンクシーが初監督を務め、第83回アカデミー賞ドキュメンタリー長編部門にノミネートされた話題作。素顔を誰も知らない覆面グラフィティ・アーティスト、バンクシーが、ユーモアたっぷりにアート業界の暗部を映し出す。ナレーションは『パイレーツ・ロック』のリス・リス・アイファンス。スペースインベーダーのモチーフを世界中に張り巡らせたスペース・インベーダーら、多数のアーティストも登場し、見逃せない作品となっている。

ストーリー:ストリート・アートについてのドキュメンタリーを制作し始めたロサンゼルス在住のフランス人映像作家ティエリー・グエッタ。ティエリーは覆面アーティスト、バンクシーの存在にたどり着き、取材を始めるが、ティエリーに映像の才能がないことに気付いたバンクシーは、逆にティエリーのドキュメンタリーを自分が監督し始める。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
(C) 2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』ポスター
    ポスター
  • 映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
ナレーション: リス・アイファンス

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の映画ニュース

  • 覆面アーティストのバンクシーが、ニューヨークの街角に毎日1点の作品を残し、場所を明かさずに公式サイトに投稿するという、2013年10月1日に開始された展覧会。その作品を...にアート業界の暗部を映し出した初監督作『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』は第83回アカデミー賞ドキュメンタリー長...
  • バンクシーの落書きに落書きした男、起訴される
    グラフィティーアーティスト・バンクシーの落書きに落書きした男が、重罪の公共物汚損行為で起訴された。 起訴されたデヴィッド・ウィリアム・ノルが落書きをしたのは、バン...にアート業界の暗部を映し出した初監督作『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』は第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリ...
  • モデル出身、癒やし系ワイルド・水上剣星の魅力は見た目はクールなのに中身は天然!?
    映画『恋谷橋』に出演している水上剣星に作品やプライベートについて直撃インタビューし、フレッシュな素顔に迫った。 『恋谷橋』は、鳥取県三朝町を舞台にした青春ストーリ...クラークで、最近観たお気に入りの映画は『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』。また、絵を描くことや写真を撮ることと...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』 from twrite!!! (2011年9月7日 0時46分)
    以前このブログでも紹介した、グラフィティ・アーティストのバンクシーが、自ら監督したドキュメンタリー『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』(2011年 米英)について。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 殴り書き映画感想<5> 『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』 from 少年トッパ (2011年8月26日 17時9分)
    ストリート・アート業界(って呼んでいいの?)の歴史や内情をめぐるドキュメンタリー。しかし、どこまでが事実かどうかは、そっち方面にウトい僕にはよく分からなかった。ミスター・ブレインウォッシュって、本当に存在するの? まあ、ネット検索すれば簡単に分かるのかもしれないけど。  そんなわけで、虚構か事実かを判別できないままに観たわけだが、描かれている出来事は「うんうん、あり得る」というものだった。実際問題、僕らが享受している様々な「創作物」だって、その大半が何かの模倣品なのだ。10代の頃から親しんできた日本のロ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』 アヴァンギャルドは死なない from 飛ぶ鳥を落とす勢いで、鳴かず飛ばず 出張版 (2011年8月11日 4時38分)
    完璧な映画である。たとえアートに関して何の知識もない人間であっても、この映画を観終わった後には「いったいアートとは何だろう」と、批評家のように自問せずにはいられなくなる程に観客を感化する。小難しい芸術理論は出てこない。まるでテンポのよい冗談混じりのロードムービーを観るかのように、主人公ティアリーとともにストリートアートシーンを旅して、気づいた頃には観客はそうなってしまうのだ。 完璧な映画である。しかし、完璧というものは概して如何わしい。果たして、この映画は一体どこまでがドキュメンタリーなのだろうか。ストリー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」:ニセモノと思い込み from 大江戸時夫の東京温度 (2011年7月27日 0時36分)
    映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』は、類例のないドキュメンタリー。ど ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画レビュー 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) (2011年7月25日 1時1分)
    イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ  原題:Exit Through the Gift Shop 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 謎のベールに包まれているカリスマ・ストリート・アーティストであるB... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年7月11日の週の公開作品
  3. 『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』