シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ウィンターズ・ボーン
(C) 2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.
英題:
WINTER'S BONE
製作年:
2010年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2011年10月29日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
カラー/アメリカンビスタサイズ

チェック:残された家族を守るため、失踪(しっそう)父親捜しの旅に出た少女の姿を描く人間ドラマ。薬物中毒や貧困といった社会問題を盛り込み、過酷な境遇を力強く生きる少女の成長物語を紡ぎ、サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の映画祭で絶賛された。監督は、長編2作目となるデブラ・グラニック。ヒロインを、本作で第83回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジェニファー・ローレンスが熱演するほか、『アメリカン・ギャングスター』のジョン・ホークスら実力派が脇を固める。

ストーリー:ミズーリ州に住む17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、心を病んだ母に代わって幼い弟と妹の世話に励み、その日暮らしの生活を切り盛りしていた。そんなある日、ドラッグの売人をしていた父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪(しっそう)してしまう。家を立ち退くまで残された期間は1週間、リーは家族を守るべく父親捜しの旅に出るが……。

ウィンターズ・ボーン
(C) 2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.

動画

映画『ウィンターズ・ボーン』予告編

写真ギャラリー

Roadside Attractions/photofest/ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ウィンターズ・ボーン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ウィンターズ・ボーン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ウィンターズ・ボーン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ウィンターズ・ボーン』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ウィンターズ・ボーン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ウィンターズ・ボーン from 映画のメモ帳+α (2016年3月28日 0時14分)
    ウィンターズ・ボーン(2010 アメリカ) 原題   WINTER'S BONE 監督   デブラ・グラニック 原作   ダニエル・ウッドレル 脚本   デブラ・グラニック アン・ロッセリーニ 撮影   マイケル・マクドノー 音楽   ディコン・ハインクリフェ 出演   ジェニファー・ローレンス ジョン・ホークス シェリル・リー       デイル・ディッキー ギャレット・ディラハント ローレン・スウィーツァー       アイザイア・ストーン アシュリー・トンプソン ケヴィン・ブレズ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジェニファー・ローレンスのハードボイルド探偵映画『ウィンターズ・ボーン』を観た【映画】 from カフェビショップ (2013年2月25日 7時15分)
    「ウィンターズ・ボーン」 探偵ハードボイルドもの。 これは典型的なハードボイルドムービーっすね。 探偵が失踪人を捜索。 手がかりをつかむために聞きこみをするが、 人々の口は重い。 そのうちこの件に首を突っ込むなと警告を受けるようになるが、 そのまま捜… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ウィンターズ・ボーン」 家族を守る為に!Σ( ̄ロ ̄lll) from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2012年4月17日 0時4分)
    ウィンターズ・ボーン観ましたよ~(◎´∀`)ノ サンダンス映画祭グランプリ&脚本 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ウィンターズ・ボーン』 ★―BONE― 人の心の一番底にある体温に触れたような from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月13日 21時51分)
        映画レビューしました。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしています) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id338144/rid65/p1/s0/c1/     重く暗い作品でしたが、生き抜く強さは、かすかでも希望のある作品だったと思います。   特に、“ BONE ”ですね。 この件を働きかけた側に、私... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ウィンターズ・ボーン」 from 或る日の出来事 (2011年12月10日 3時55分)
    なんて荒涼とした世界なのよ、これ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年10月24日の週の公開作品
  3. 『ウィンターズ・ボーン』