シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
(C) 2009Rai Cinema-Offside-Celluloid Dreamas
英題:
VINCERE
製作年:
2009年
製作国:
イタリア
日本公開:
2011年5月28日
(シネマート新宿 ほか)
上映時間:
配給:
エスピーオー
カラー/モノクロ/35ミリ

チェック:ファシズムという言葉を生み、ヒトラーと並ぶ独裁者と称され歴史に名を残したベニート・ムッソリーニを、自分の人生をささげて愛した実在の女性の半生を描く人間ドラマ。歴史の闇に葬られた壮絶な愛の物語は、全米批評家協会賞主演女優賞を獲得したほか、世界中の映画祭で絶賛された。監督は、『夜よ、こんにちは』のマルコ・ベロッキオ。最愛の人から裏切られながらも、人生を懸けて信念を貫くイーダにふんしたジョヴァンナ・メッツォジョルノの鬼気迫る演技に、引き込まれる。

ストーリー:若きベニート・ムッソリーニ(フィリッポ・ティーミ)と恋に落ちたイーダ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)は、自分のすべての財産を投げ打ってまで彼の理想を実現させようと支える。やがてイーダは彼の子どもを産むが、ムッソリーニはすでに家庭を持っていたことを知る。自分が彼の妻であり、息子がムッソリーニの子であると認知させようとするイーダだったが、彼女は危険人物と見なされてしまい……。

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
(C) 2009Rai Cinema-Offside-Celluloid Dreamas

動画

映画『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』ポスター
    ポスター
  • 映画『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』チラシ
    チラシ
  • 映画『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』 from For James Bond 007 Lovers Only (2011年7月2日 9時39分)
    『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女/ベッキオーニによってもたらされた勝利 from LOVE Cinemas 調布 (2011年6月30日 0時21分)
    ヒトラーと並ぶ独裁者ベニート・ムッソリーニ。その男に己の持てる全てを捧げた女がいた。しかし彼女は歴史の闇に葬り去られたのだった…。イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督が描く悲劇の物語の主人公は全米批評家協会賞主演女優賞を獲得したジョヴァンナ・メッツォジョルノだ。彼女の尋常ならざる気迫のこもった演技に目が釘付けになる。共演はフィリッポ・ティーミ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女 from エンターテイメント日誌 (2011年6月25日 12時55分)
    評価:B 激烈な映画だ。公式サイトはこちら。 陳腐な邦題は明らかにミス・リーデ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年6月10日 3時59分)
    どんなに虐げられても自分はムッソリーニの正式な妻だと主張し続けた実在の女性イーダを描いた映画。 イーダはムッソリーニが苦難の時に全財産を貢いで後押しをし子供まで産んだにもかかわらずムッソリーニに... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2011年6月2日 0時7分)
    Vincere [Blu-ray] [Import]甘いイメージの邦題がついているがこれは壮絶な闘いの物語だ。イタリア映画らしいオペラ的荘厳さの中、通奏低音に映像メディアの本質が流れていることが見逃せ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年5月23日の週の公開作品
  3. 『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』