シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
家族の庭
(C) 2010 UNTITLED 09 LIMITED, UK FILM COUNCIL AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
英題:
ANOTHER YEAR
製作年:
2010年
製作国:
イギリス
日本公開:
2011年11月5日
(銀座テアトルシネマ ほか)
上映時間:
配給:
ツイン
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:『ヴェラ・ドレイク』などのイギリスの巨匠、マイク・リー監督による心揺さぶられる人間ドラマ。揺るぎない信頼関係で結ばれている一組の夫婦と、彼らのもとに集まる人々の喜怒哀楽を優しく見つめる。『人生は、時々晴れ』のレスリー・マンヴィルが主演を務め、彼女を支える夫婦をルース・シーン、ジム・ブロードベントらイギリスが誇る名優が好演する。登場人物たちそれぞれの人生の奥深さが胸を打つ。

ストーリー:地質学者のトム(ジム・ブロードベント)と、医学カウンセラーのジェリー(ルース・シーン)は誰もがうらやむおしどり夫婦だ。彼らは30歳になる孝行息子(オリヴァー・モルトマン)にも恵まれ、私生活は非常に充実していた。ある晩、ジェリーは同僚メアリー( レスリー・マンヴィル)を夕食に招待するが、彼女は酔ってしまい自分には男運がないと愚痴っていて……。

家族の庭
(C) 2010 UNTITLED 09 LIMITED, UK FILM COUNCIL AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

ポスター/チラシ

  • 映画『家族の庭』ポスター
    ポスター
  • 映画『家族の庭』チラシ
    チラシ
  • 映画『家族の庭』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『家族の庭』リーフレタスミックスのタネ
    リーフレタスミックスのタネ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
キャスティング: ニーナ・ゴールド

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『家族の庭』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 家族の庭 from 映画のメモ帳+α (2015年10月31日 0時15分)
    家族の庭(2010 イギリス) 原題   ANOTHER YEAR 監督   マイク・リー 脚本   マイク・リー 撮影   ディック・ポープ 音楽   ゲイリー・ヤーション 出演   ジム・ブロードベント レスリー・マンヴィル メアリー       ルース・シーン ピーター・ワイト       オリヴァー・モルトマン デヴィッド・ブラッドリー       カリーナ・フェルナンデス マーティン・サヴェッジ       ミシェル・オースティン フィル・デイヴィス       スチュ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「家族の庭」 from 元・副会長のCinema Days (2012年1月17日 6時44分)
    (原題:Another Year)マイク・リー監督の“覚悟”が垣間見える、超辛口の人間ドラマだ。有り体に言ってしまえば、本作のテーマは“偽善的なコミュニケーションに対する糾弾”なのだが、絶妙の語り口により、真に説得力のあるものへと昇華されている。必見の秀作と言って良... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 家族の庭 from キノ2 (2012年1月8日 19時24分)
    ★ネタバレ注意★  今年最初の劇場鑑賞です。  マイク・リー監督のイギリス映画。  ……リー監督、きっつー……(汗)。  これはつまり、負け犬は巣に帰ってろ! 二度と出てくんな! と牛追い棒で追い散らすがごときお話。この上なくハートフリージングな映画だと思ったんですけれども、「ここに集まると、喜びは倍に悲しみは半分になる」って、なんなんだろ、このコピー書いたひと、本気でこの映画をそういう風に観たのかな(汗)。  ロンドンで暮らす地質学者のトム(ジム・ブロードベント)とカウンセラーの ...[外部サイトの続きを読む]
  • 家族の庭 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年12月9日 3時16分)
    おしどり夫婦と親思いの息子という理想的な家族と彼らを囲む人々の1年。夫婦がまわりの人たちに向ける優しい心づかいが感じられる良い映画、ではあるけれど・・・ 親子とまわりの人たちの格差がありすぎる。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『家族の庭』 これからの差別の形 from 映画のブログ (2011年12月3日 3時19分)
    とても面白く、そして興味深い映画だ。  『家族の庭』に起伏に富んだストーリーはない。本作は、ある一家の1年にわたる日常を綴っており、それはあたかも『赤毛のアン』や『若草物語』の真ん中の数章を読... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年10月31日の週の公開作品
  3. 『家族の庭』