シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ホビット 決戦のゆくえ

公式サイト:http://www.hobbitmovie.jp
ホビット 決戦のゆくえ
(C) 2014 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.
英題:
THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年12月13日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた竜の怪物や最大の敵サウロンとの死闘を繰り広げるさまを描く。イアン・マッケランやマーティン・フリーマン、オーランド・ブルームなど豪華キャストが再集結。壮大な世界観やクリーチャーなどのビジュアル、最後を締めくくる大スケールのバトルは必見。

ストーリー:ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。

ホビット 決戦のゆくえ
(C) 2014 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    本当に「決戦」だけで150分見せる力技。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    章を追うごとに「今回はどこまで原作を膨らませるのか」が興味深くなってきたホビット三部作。前作でドラマ的な部分はほぼ使い尽くしたのでどう収束させるのかと思いきや、原題「五軍の戦」そのままに、全編ひたすらにバトルまたバトル! このテの混沌とした状況の処理の巧さは『ブレインデッド』の昔から証明済のP.ジャクソン、他の追随を許さぬタテのアクション……高低差を無尽に利用する展開をあちこちに挟みつつ、圧倒的な力量で見せまくる。映画オリジナルのエルフとドワーフの恋物語や、数等描きこんだ宝の魔力に取り憑かれたトーリンのくだりもエモーショナルで、果てしなく続く戦闘をよりドラマティックにしている。

  • 清水 節
    過酷な“捨てる旅”へと続く円環の閉じる感慨深さは測り知れない
    ★★★★
    »読む«閉じる

     壮大なサーガ6部作が終わる。第2章と直結し戦いに比重を置いた本作は、単品として観れば高揚感が高いとはいえない。しかし“拾ってしまった旅”と“捨てなければならない旅”の円環が閉じる感慨深さは測り知れない。さらなる壮絶な戦いへと思いを巡らせる余韻。この不穏な空気が劇中のものだけであってほしいという切なる願いが募る。
     HFR(ハイ・フレーム・レート)に眼が馴染んできた。コントラストにメリハリが付いたせいだろう。最も違いが現れるのは、画質よりも動き。パンやドリーなどキャメラワークは素速く軽やかで、人の動作はライブ映像さながら。ただし重厚な表現にとって違和感を覚える瞬間もあり、進化の余地がある。

  • 山縣みどり
    ほぼ全編ハード・バトルで、やや疲弊しました。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    シリーズ第2弾が超面白く、最終章が楽しみだった。その期待が満たされたかというと、ハーフ&ハーフってところ。なにせ冒頭からほぼ全編がバトルで、ドラマの比重が軽すぎるのだ。もちろんキーリのロマンスとかレゴラスと父親の確執とか描かれるけど、本筋とは関係なし。むしろ取ってつけた感が残念だ。とはいえバトル場面の構成はさすがピージャク! 『ロード・オブ・ザ・リング』最終章で培った戦闘感覚をフル稼働し、ドワーフやオーク、エルフ、人間のくんずほぐれつの大乱闘をリアル描写。見るだけで疲弊する迫力だ。蛇足だがオーランド・ブルームはもう一生レゴラスだけ演じていればいいね。すごい見せ場があり、見直しました。

  • なかざわひでゆき
    自ら先頭に立って戦う者こそリーダーに相応しい
    ★★★★
    »読む«閉じる

     いよいよ主人公たちの命運を賭けた大決戦の火蓋が切られる「ホビット」完結編。その後の物語を知っているだけに「LOR」最終章ほどの高揚感はないものの、それでもフロドたちの冒険へと引き継がれていく展開には感慨深いものがある。
     本作の核となるのはリーダーの資質であろう。民衆や仲間を率いる者に必要なのは地位でも名誉でもない。そして、自ら率先して命を投げ打つ覚悟がなければならない。当たり前のことかもしれないが、しかし耳痛く感じるリーダーたちも現実には少なくないはずだ。
     火を吹いて町を襲うドラゴン、財宝を巡って繰り広げられる壮大なバトル、そして試される友情。まさにあっという間の濃密な約2時間半だ。

  • 平沢 薫
    あの指輪の旅は、ここで完結する
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「ホビット」三部作の完結、というよりも「LOTR(ロード・オブ・ザ・リング)」も含めたピーター・ジャクソン監督によるトールキン世界の映画化の完結。監督は「ホビット」三部作を、終盤に向かって少しずつ「LOTR」に雰囲気が近づけていき、最後に「LORT」第1作に繋げてみせる。しかし、その流れの中で、マーティン・フリーマン演じるビルボだけが「ホビット」第1作のテイストを最後まで貫く。世界が加速度的に叙事詩化する中で、彼だけがちょっとトボけたホビットのままでいるのだ。その在り方は、まさにトールキンが描いたホビットという種族の真髄。このビルボによって「ホビット」は原作の正統的な映画化になっている。

動画

映画『ホビット 決戦のゆくえ』予告編
ニュージーランド航空の「壮大すぎる機内安全ビデオ」
映画『ホビット 決戦のゆくえ』本予告
映画『ホビット』3部作ダイジェスト映像
映画『ホビット 決戦のゆくえ』本編映像(五軍の合戦)
映画『ホビット 決戦のゆくえ』長尺特別映像(中つ国コンプリートガイド)
キャスト総出演!映画『ホビット 決戦のゆくえ』特別映像(中つ国の思い出)

ポスター/チラシ

  • 映画『ホビット 決戦のゆくえ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ホビット 決戦のゆくえ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ホビット 決戦のゆくえ』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ホビット 決戦のゆくえ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ホビット 決戦のゆくえ また続編観たい(  ̄▽ ̄) from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年5月4日 0時3分)
    やっぱ、ファンタジーな世界観やわ~(*゜▽゜*) J・R・R・トールキンの『ロー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ホビット 決戦のゆくえ」ほぼ全編全員参加の激しい戦いのラスト from soramove (2015年2月2日 8時57分)
    映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★ マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、 リチャード・アーミティッジ、ケン・スコット、 グラハム・マクタビッシュ 出演 ピーター・ジャクソン 監督、 145分、2014年12月13日公開 2014,日本,東宝 (原題/原作:THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ホビット 決戦のゆくえ」 from prisoner&#039;s BLOG (2015年1月16日 9時36分)
    新しい王の座についたトーリンが権力と財宝に目がくらんで人間が変わってしまうところからまた引き返してまともな王として戦うようになるドラマが中核になっているのだが、その気持ちが変わるところのポイントがわかったようでわからない。 ただしその支えになるビルボの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ホビット 決戦のゆくえ from エンターテイメント日誌 (2014年12月28日 17時13分)
    評価:B 映画公式サイトはこちら。 僕は「ロード・オブ・ザ・リング(The Lo ...[外部サイトの続きを読む]
  • ホビット 決戦のゆくえ from sailor's tale (2014年12月27日 20時30分)
    とんでもないところで終わった前作の続きなので、本作はとんでもないところから始まります。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月8日の週の公開作品
  3. 『ホビット 決戦のゆくえ』