シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を、息詰まるタッチで活写する。ハリウッドスターのブラッド・ピットが主人公にふんし、製作も兼任。監督は『007/慰めの報酬』などのマーク・フォースター。無数の感染者が群がって生じた巨大人柱が防壁を越えようとするなど、圧倒的映像の数々に息をのむ。

ストーリー:元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の乗った車が、渋滞にはまっていた。すると、前方で爆発音が聞こえ、トレーラーが無数の車をはじき飛ばしてクラッシュし、パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状態から家族を守ろうと、妻子を連れて逃げるジェリー。やがて、彼は人間を凶暴化させる未知のウイルスが猛スピードかつ世界的規模で感染拡大しているのを知る。そんな中、元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは、各国を回ってウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼される。

ワールド・ウォー Z
(C) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 清水 節
    画期的な手段でゾンビの脅威を収束させたことが最大の発明
    ★★★★
    »読む«閉じる

     かつてノロノロと徘徊するだけだったそれは、疾走する革命を経て、遂に高速感染する時代がやってきた。ゾンビの話である。しかしそのジャンルには収まりきらない。そもそも襲撃者は「甦った死体」でも「人肉を喰らう死者」でもない。ゾンビ映画は社会状況を反映させて語るモチーフとしても人気だが、この映画は作り手自身が、ゾンビを世界に破滅をもたらす悪意や暴力のメタファーとして扱っている。ゾンビ・ウイルスの発端は韓国のようであり、イスラエルへと向かうのだ。潜在的な危険要因を抱えたエリアを舞台に選んだのは、偶然ではあるまい。感染と非感染を隔てる巨大な「壁」に瀑布のように群がるゾンビの大群の光景は、絶望的なパンデミックの画として映画史に刻まれるだろう。
     
     ブラピが、知恵と行動力で救済すべく世界を股に掛ける。危機また危機は用意されているが、エンディングへ向かってまっしぐら。演出は単調だ。WHO世界保健機関内で起きることが更にサスペンスフルに描かれていれば、カタルシスは大きかったはず。しかし、「逃走する」「撃ち殺す」以外の画期的な手段でゾンビの脅威を収束させ、希望をもたらしたことは、最大の発明である。

  • なかざわひでゆき
    ボリューム満点のわりに後味はあっさり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ドラマ「ウォーキングデッド」の大ヒットを例に挙げるまでもなく、相変わらず人気の根強いゾンビものジャンルであるが、これをゾンビ映画と呼ぶのは、少なくともホラー映画ファンの中では賛否両論に分かれることであろう。原因不明の病原菌によって人々が発狂→モンスター化という設定は、やはりパンデミック映画と呼ぶべきか。

    ビックリするくらいの猛スピードで大勢の感染者が襲い来るパニックシーンは迫力満点。たたみかけるようにスピーディーなテンポといい、大規模な地上バトルから航空パニックまで見せ場に次ぐ見せ場の展開は圧巻だ。「28日後…」の拡大スケール版というか、「ナイトメア・シティ」の超アップグレード版というか(笑)。そうそう、疾走するゾンビの原点は「ナイトメア・シティ」だったよね。

    それはともかく、これだけボリューム感たっぷりでありながら、見終わった後の印象は極めて薄い。その理由は題材に反して残酷シーンの直接的な描写が皆無に等しいということもあるが、なによりも世界を救うという重大な使命にまつわる人間ドラマが表層的なものに終始してしまった点に尽きるであろう。

  • 中山 治美
    パンデミック映画の傑作『28日後...』以来の大興奮
    ★★★★
    »読む«閉じる

     出来の良い予告編ほど本編を見たらガッカリ…のパターンが多いが、本作は期待を裏切らなかった。謎のウィルスに感染してゾンビ化した人間VS.非感染者の死闘は、肉親だろうが恋人だろうが容赦ナシ。さらに食料を巡って奪い合い、他人を蹴落としてでも生き延びようとする人間の強欲な姿まで見せる。迫り来るのは理性を無くし、人で無くなってしまうことの恐怖。絵空事だと分かっていても、身につまされる脅威と興奮は、同じくウィルス感染した人間が凶暴化するダニー・ボイル監督『28日後...』を彷彿とさせる。
     確かに、使い古されたネタではある。感染原因を探るブラピの不死身さ加減なんて、もはや神の域を超えている。だが、群衆がワラワラ襲ってくる圧倒的な映像とスピーディな展開が、観客に疑問を抱く余地を与えない。ブラピは製作総指揮も兼務。やるな。

  • 相馬 学
    スリルの肝は感染者ではなく、生存者
    ★★★★
    »読む«閉じる

     世界中の生存者たちのインタビューという形式をとった原作小説を、いったいどうやって一本の映画にするのか? ゾンビの群れの猛襲がどれほど凄まじいのか? これらの興味は見ているうちに、正直どうでもよくなった。つまらなかったのではない。逆に食い入るように見入ってしまう。
     カメラが主に追いかけるのは都市のパニックや逃げ惑う人々の姿。臨場感&緊張感を伝えるうえで、これが効果を発揮し、冒頭のフィラデルフィアの騒乱だけでグイグイ引き込まれる。その後のブラッド・ピットの奔走はヒロイック過ぎるきらいがあるものの、彼の視点となったり、その後を追ったりする映像は生存者側の緊張を一貫してとらえている。
     人体食いちぎりといったバイオレンスも、血しぶきも皆無。そういう点ではゾンビ映画ファンの期待に応えるとは言い難いが、それでも緊張感はハイテンションで持続し、パニックのスリルは伝わってくる。ゾンビ映画を敬遠する方にこそ見て欲しい。

動画

映画『ワールド・ウォーZ』予告編

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『ワールド・ウォー Z』ポスター
    ポスター
  • 映画『ワールド・ウォー Z』チラシ
    チラシ
  • 映画『ワールド・ウォー Z』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ワールド・ウォー Z』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ワールドウォーZ」  ホラーでない現代戦のゾンビ映画 from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2016年3月9日 0時47分)
    映画「ワールドウォーZ」を観ました。 Zは、ゾンビのZでした。 ゾンビ化する病が流行し、人類が存亡をかけて感染ゾンビ化人と戦闘していく中で、解決を探っていくというホラーとしての映画でないゾンビ映画。 まあ、現代戦らしい映画となっています。 日本では、「さ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ワールド・ウォーZ』を見た【映画】ブラピ主演の大作ゾンビ映画 from カフェビショップ (2014年1月6日 7時50分)
    ゾンビ大運動会。 いやいやおもしろかったけども、 なんかちぐはぐというか ひとつの物語としては弱いというか、 断片的な継ぎ接ぎを見せられたっていう感じがした。 ゾンビタワーにゾンビウェーブとか スペインの牛追い祭り的な物量ゾンビ祭りシーンとか おもしろ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ワールド・ウォー Z from 映画三昧、活字中毒 (2013年9月9日 1時51分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ワールド・ウォー Z/WORLD WAR Z 2013年/アメリカ/116分 監督: マーク・フォースター 出演: ブラッド・ピット/ミレイユ・イーノス/ジェームズ・バッジ・デール... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ワールド・ウォーZ」 from 元・副会長のCinema Days (2013年9月6日 7時3分)
    (原題:World War Z )ゾンビどもが群れを成し、巨大な人柱を形成して高い建物を乗り越えようとする映像は凄い。そして、ゾンビ軍団から逃げ惑う群衆を俯瞰で映したショットもかなりのものだ(どこかの内戦のように見える)。さらにはゾンビが増殖する旅客機内からの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ワールド・ウォーZ」@TOHOシネマズ川崎 from 新・辛口映画館 (2013年8月31日 23時1分)
    公開から3週目の平日昼間。このシネコンで二番目に大きいスクリーン6には20名弱位の閑散とした客入りだ。3Dめがねを持参し、+¥300払い3D版を見た。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月5日の週の公開作品
  3. 『ワールド・ウォー Z』