シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
KOTOKO
(C) 2011 SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2012年4月7日
上映時間:
配給:
マコトヤ
カラー/DCP

チェック:シンガーソングライターとして熱狂的人気を誇るCoccoと、『鉄男』シリーズや『六月の蛇』などで国際的にも高い評価を得ている塚本晋也の鬼才二人がタッグを組んで放つドラマ。幼い息子を愛するあまりに精神のバランスを崩してしまったシングルマザーと、そんな彼女に対して狂おしくも真摯(しんし)な愛を注ぐ小説家の行く末を、鮮烈なタッチで映し出していく。生を感じようと自らの肉体を切りつけ、現実と虚構の間をさまよい続けるヒロインをCoccoが熱演。映画初主演とは思えない鬼気迫る演技と圧倒的存在感に、心をわしづかみにされる。

ストーリー:まだ乳児である息子を女手ひとつで育て、愛し抜かなければいけないという強迫観念にとらわれ、精神的な変調を抱えるようになってしまった琴子(Cocco)。その果てに奇行を繰り返した彼女は幼児虐待を疑われてしまい、沖縄にいる姉に息子を預けられることになる。そんなある日、彼女のもとに小説家の田中(塚本晋也)が現われる。沖縄行きのバスで乗り合わせ、車中で口ずさむ姿や声に惹(ひ)かれたと語る田中を激しく避ける琴子。それでも思いを伝え続ける彼を受け入れ、息子と共に3人で生きようと決意するが……。

KOTOKO
(C) 2011 SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

動画

映画『KOTOKO』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『KOTOKO』ポスター
    ポスター
  • 映画『KOTOKO』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・企画・製作・脚本・撮影・編集:
企画・原案・美術・音楽: Cocco
特殊メイク・特殊造形: 花井麻衣
整音・音響効果: 北田雅也
スチール: 天満眞也
撮影・助監督・照明: 林啓史
助監督: 藤田奏
制作: 斎藤香織

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『KOTOKO』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「KOTOKO」 from prisoner's BLOG (2014年5月10日 9時44分)
    歌手のCOCCOが子育てのストレスでおかしくなっていく主婦を演じる。 幻覚表現がびっくり箱がひとりでに動くような手作り感で通しているのがユニーク、主人公が女性というのも塚本晋也としては珍しいし、画面の色もいつもの鉛色ではなくカラフル、狂気がかってくる表現もCO... ...[外部サイトの続きを読む]
  • KOTOKO : 覚悟せよ! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2013年1月20日 13時56分)
    アルジェリアの人質事件、凄まじい結果となりました。日本人にはとても理解できないアルジェリア政府の行動ですが、私は軽々しく非難するべきではないと考えます。本日紹介する ...[外部サイトの続きを読む]
  • KOTOKO from エンターテイメント日誌 (2012年5月25日 15時19分)
    評価:F 塚本晋也 監督作品。ベネチア国際映画祭において、革新性や斬新さが評価さ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「KOTOKO」 彼女の内包する恐怖は、誰の中にも巣食っている。恐怖と共存する手立てを・・・。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2012年5月12日 2時24分)
    先日、「KOTOKO」を観てきました。 ストーリーは、 まだ乳児である息子を女手ひとつで育て、愛し抜かなければいけないという強迫観念にとらわれ、精神的な変調を抱えるようになってしまった琴子(Cocco)。その果てに奇行を繰り返した彼女は幼児虐待を疑われてしまい、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「KOTOKO」:「春琴抄」になれなかったよ from 大江戸時夫の東京温度 (2012年5月8日 23時41分)
    塚本晋也の新作『KOTOKO』は、いつもの塚本以上に凄まじい世界。その映像と音響 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年4月2日の週の公開作品
  3. 『KOTOKO』