シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
サウターヂ
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2011年10月22日
(渋谷ユーロスペース)
上映時間:
制作:
空族 / 『サウダーヂ』製作委員会
カラー

チェック:長く続く不況と空洞化の問題を抱える地方都市を舞台に、土木建築業界で働く外国人労働者たちが過酷な状況の下で懸命に生きる姿を描くヒューマンストーリー。監督は『国道20号線』の富田克也。撮影場所となった町で実際に生活している人々をキャスティングし、日本映画ではなじみの薄い移民たちの姿をとらえている。世界でも問題化されている移民を扱ったテーマと、リアリティーを重視した作品世界に注目だ。

ストーリー:山梨県甲府。日系ブラジル人やタイ人をはじめとするさまざまな外国人労働者たちが働く土木建築業。ヒップホップグループ、“アーミービレッジ”のメンバーである猛(田我流)は、建設現場で多くの移民たちと共に働き始めるが、その中には土木業ひとすじの精司(鷹野毅)やタイ帰りの保坂(伊藤仁)もいた。

サウターヂ

動画

映画『サウターヂ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『サウターヂ』ポスター
    ポスター
  • 映画『サウターヂ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
エグゼクティブプロデューサー: 笹本貴之
プロデューサー: 伊達浩太朗 / 富田智美
脚本: 相澤虎之助
撮影・編集: 高野貴子
録音: 山崎巌
助監督: 河上健太郎
編集: 富田克也

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『サウダーヂ』 変化か悪化か好転か from 映画のブログ (2012年4月28日 7時52分)
    やけに面白かったのが、「山王団地」を「サウダーヂ」に聞き間違えるところだ。映画『サウダーヂ』の一場面である。  「サウダーヂ(サウダージ)」とは、ブラジル連邦共和国の公用語であるポルトガル語で、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サウダーヂ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2012年1月30日 23時8分)
    あらかじめ失われた郷愁 公式サイト。富田克也監督、鷹野毅、伊藤仁、田我流、ディーチャイ・パウイーナ、尾崎愛、工藤千枝、デニス・オリヴェイラ・デ・ハマツ、イエダ・デ・ア ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サウダーヂ/地方は世界と繋がっている from LOVE Cinemas 調布 (2011年11月26日 0時5分)
    『国道20号線』の富田克也監督が、長引く不況で寂れ行く一方の地方都市を舞台に、そこで生きる土木労働者や外国人労働者の姿を描いたヒューマンストーリーだ。外国人差別、経済格差、いくら頑張ろうとしてもどうにもならない若者たちの苛立ちややるせなさが非常にリアルに描かれている。2時間40分と言う長尺を感じさせない作品だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 富田克也監督×高野貴子さん(撮影・編集)インタビュー:映画『サウダーヂ』について【1/4】 from INTRO (2011年10月24日 20時10分)
    作品を発表する度に注目度を高めている映画製作集団「空族(くぞく)」。本年度のロカルノ映画祭メイン・コンペティションにも招待された最新作『サウダーヂ』の公開を控えて意気上がる富田克也監督と、高野貴子さん(撮影・編集)にお話をうかがった。【4/1page】 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年10月17日の週の公開作品
  3. 『サウターヂ』