シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~

公式サイト:http://kalina-movie.com
カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~
(C) カリーナプロジェクト
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2011年11月19日
(シネマート新宿 ほか)
上映時間:
配給:
カリーナプロジェクト
カラー/ビスタサイズ/ドルビーステレオ

チェック:1986年に旧ソビエト連邦で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故がもたらした悲劇を描く人間ドラマ。『十七歳』の今関あきよし監督が入念な現地取材を行い『少女カリーナに捧ぐ』として2004年に完成するも、日本での関心の低さゆえ公開にこぎ着けられなかった作品を再編集。主人公カリーナ役には、撮影当時8歳で演技未経験だったナスチャ・セリョギナ。同原発事故により翻弄(ほんろう)される人々の姿が、福島第一原発事故でそれまで営んでいた生活をすべて壊された人々の苦悩に重なる。

ストーリー:ベラルーシに住む少女カリーナ(ナスチャ・セリョギナ)は、大好きな祖母の家で夏休みを過ごしていたが、そこはチェルノブイリ原発事故による居住禁止区域に近く、放射能汚染の危険も高かった。やがて冬になると祖母が病気になり、母の病状も悪化、そしてカリーナも病気になってしまう。入院先で友達が病魔に苦しみ亡くなっていく姿を目にした彼女は、ある決断を下す。

カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~
(C) カリーナプロジェクト

動画

映画『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』ポスター
    ポスター
  • 映画『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』チラシ
    チラシ
  • 映画『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』クリアファイル
    クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本: いしかわ彰
撮影・編集: 三本木久城
音楽: 遠藤浩二
助監督: 龍野征一郎
制作担当: 中野亜紀子
日本語ナレーション: 大林宣彦

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「カリーナの林檎」 震災のおかげで公開出来たの?原発の恐怖ばかり植えつけるのは辞めて欲しい。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2012年5月12日 1時56分)
    先日 「カリーナの林檎」を観てきました。 ストーリーは、 原発事故が起こったチェルノブイリ原発があるウクライナの隣国、ベラルーシ。ここに暮らすカリーナ(ナスチャ・セリョギナ)は母の入院と父のロシア出稼ぎのため、都会の親戚の家に預けられる。都会に馴染めないカリ ...[外部サイトの続きを読む]
  • カリーナの林檎~チェルノブイリの森~ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2011年11月25日 0時8分)
    チェルノブイリ原子力発電所事故がもたらした悲劇を描く「カリーナの林檎~チェルノブイリの森~」。少女の可愛らしさ、ピュアな願いが涙を誘う。ベラルーシに住む少女カリーナは ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~/今の私たちにはおとぎ話ではない from LOVE Cinemas 調布 (2011年11月18日 2時20分)
    1986年に起こった旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原発事故。その爪あとがもたらす悲劇を描いた人間ドラマだ。本作は今関あきよし監督の入念な現地取材により、フィクションでありながら限り無く真実に近い内容であり、「少女カリーナに捧ぐ」として2004年に完成していたという。主人公を演じたのナスチャ・セリョギナは撮影当時8歳。今フクシマを抱える日本人全員に観て欲しい作品だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『カリーナの林檎~チェルノブイリの森』★普通の暮らしも命も失われていく悲劇 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2011年11月12日 21時9分)
        公式サイトです。 http://kalina-movie.com/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157442/   2004年に完成後、関心の低さから、公開されなかったそうですが そんなエピソードも怖いものに思えます。 チェルノブイリの原発事故は、最悪の大事故だったにも関わらず、 関心は、風化していたということですからね。   ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年11月14日の週の公開作品
  3. 『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』