シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、アカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇をリメイク。江戸幕府最強の刺客として恐れられた男が、やむを得ぬ事情から一度は捨てた刀を手にしたことから壮絶な戦いに身を投じていく姿を描く。メガホンを取るのは、『フラガール』『悪人』の李相日。ハリウッドでも活躍が目覚ましい渡辺謙をはじめ、柄本明、佐藤浩市らキャストには実力派が結集。彼らの妙演に加え、開拓時代の西部から明治初期の北海道への舞台移行などの改変点にも注目。

ストーリー:1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛(渡辺謙)だが、その正体は徳川幕府の命を受けて志士たちを惨殺して回った刺客であった。幕末の京都で人斬(き)りとして名をとどろかせるも、幕府崩壊を機に各地を転々と流れ歩くようになり、五稜郭を舞台にした箱館戦争終結を境に新政府の追手をかわして失踪。それから10年あまり、十兵衛に刀を捨てさせる決意をさせた妻には先立たれ、経済的に困窮する日々を送っていた。そこから抜け出そうと、再び刀を手にする彼だが……。

許されざる者
(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.

映画短評

  • 今 祥枝
    もっと物語に独自性を追求してもよかった
    ★★★★
    »読む«閉じる

    イーストウッドの傑作のリメイクとしては大健闘だと思う。北海道を舞台にしたロケーションの雄大さは素晴らしく、翻案は巧み。渡辺謙は期待通りの熱演で、ラストの修羅場は見事。全編を通して作り手の気合いがビシビシと伝わってくる。

    が、筆者は今一つぐっと心に響くものを感じなかった。最大の理由は、オリジナルへのリスペクトからくるのだろうが全体的に堅さが否めず、どこか様式的で、終始オリジナルをなぞっている感覚が抜けなかったこと。故に、これはこれとして観るべきと思いながらも、李監督の世界に没頭し感情移入することが難しかった。

    何度か無心に引き込まれた場面もあった。その一つが理不尽に迫害されるアイヌ民族のくだりだ。ただし、この要素はアイヌ民族とのハーフの若者の設定も含めて李版ならではの独自性を最も強く感じさせるが、オリジナルをなぞった物語からは浮いているようにも見える。いずれにせよ、なぜ今これをリメイクするのかについては”上手く日本に舞台を置き換えました”以上の、もっと突っ込んだ答えが欲しかった。そのためには、もっと物語に独自性を追求してもよかったと思う。

  • 轟 夕起夫
    この映画はすなわち、李相日監督の『続・悪人』である
    ★★★★
    »読む«閉じる

    李相日監督は前作『悪人』でストレートに、愚直なまでに「悪人とは誰のことなのか?」をメインテーマに据えていた。従って「許されざる者とは一体誰なのか?」という問いを突きつけてくるクリント・イーストウッド版『許されざる者』に挑んだのは、合点がいく。

    つまり、これは『続・悪人』だ。放射する光の一筋以外は全て闇に包まれている、光と闇を作りだす『悪人』の灯台が、李相日版『許されざる者』では深い「業」を背負って世界に陰翳を与える主人公・釜田十兵衛に姿を変えたのだ。さながら“動く灯台”である。

    かつて手塚治虫の『シュマリ』を映画化したいと語っていた李監督だが、それをある程度ここで叶えたのではないか。改変したオリジナリティ部分に甘さも見られるが、演出家としてより、そもそもの、アダプテーション脚色者としての“任”の重さを感じた。

    ラスト、イーストウッド版は黄昏の情景で終わっていく。李相日版は(岩代太郎の音楽とあいまって)、ひとりの“ダークナイト”が今、そこに誕生したかのような印象を与えるが、『続・悪人』は、ひとりひとりの心の中で上映され、生きられるものとなるだろう。

  • 中山 治美
    李監督の巧妙なアメとムチの使い方にハマる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     オリジナル版と展開もセリフもほぼ同じだが、大きく印象が異なる事が2つある。1つは残忍さ。これは多分に日本の湿った大地と刀に変わったためというより、『悪人』の岡田将生キックでも垣間見えた、李監督のドSっぷりが炸裂した結果だろう。そして2つ目は、いつの時代も変わらぬ女性の逞しき姿である。
     本作の男性陣はとにかくブレる。食べる為に抜刀する者、虚栄心から賞金稼ぎを名乗り出るもボコられて退散する者。そもそもが、時代の変わり目に行き場を失い、魂の放浪をいまだ続けている元武士ばかりだ。対して、小池栄子と忽那汐里は不条理に声を上げつつ、変わらぬ現実を静かに受け止める。ブレない。そして忽那の儚さと可憐さは、本作の男たちならずとも、想像以上に残酷過ぎる世界を見せられて戸惑う観客の癒やしになるに違いない。この物語に散りばめられたアメとムチも李監督の策略か? 世知辛い男の世界+女性+風景というバランスが実に絶妙なのだ。

  • なかざわひでゆき
    イーストウッドにも胸を張って見てもらえるはず
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    やはり北海道と西部劇というのは相性がいいのだろうか。元祖和製西部劇「ギターを持った渡り鳥」では北海道の大自然が古き良き大西部を彷彿とさせる牧歌性と情緒を醸し出していたが、イーストウッドの同名西部劇を基にした本作で描かれる北海道は、明治初期の荒涼とした未開の地。理由あって本土での生活を捨てざるを得なかった、暗い過去を背負う人間たちの吹き溜まりだ。先住民であるアイヌへの弾圧を含め、あらゆる点で開拓時代の西部と見事なくらい重なり合う。この段階で、本作の成功はある程度まで約束されていたのかもしれない。

    宿命的にオリジナル版の影響は引きずらざるを得ないわけだが、本作は江戸から明治への転換期という歴史的背景を巧みに生かし、罪深き男の苦難と贖罪の物語を描く日本の時代劇として立派に成立させている。権力と暴力に翻弄され蹂躙される人々の姿を殺伐とした荒々しさの中に描写しつつも、普遍的な人間性というものに確かな信頼と希望を見出す李監督の語り口は実に説得力があって力強い。イーストウッドにも胸を張って見てもらえるはずだ。

  • 清水 節
    「食うために錆びた刀を再び握ってしまう」時代の危うい神話
    ★★★★
    »読む«閉じる

     最後の西部劇と言わしめたオリジナル版に対し、時代劇を葬送する意図はない。そもそも渡辺謙は、アクション映画というジャンルを長年背負い殺しまくってきたイーストウッドのようなイコンではない。これは、李相日による外部から観たこの国の正体だ。破れて北へ逃げ延び、二度と人を斬らないと誓ったはずの侍の生き残りに託されたもの――善悪の曖昧な境界というテーマにも加え、「食うために錆びた刀を再び握ってしまう」危うさを孕む時代に、封じ込められてきた人間の本能が不気味に頭をもたげるのだ。
     
     開拓民の暴力に耐えかね女郎たちが懸けた賞金によって物語が作動する構造はオリジナル版と同じだが、脚色に唸った。渡辺謙と柄本明の後を付け回し賞金稼ぎに加わる柳楽優弥に、李相日は重要な役割を託す。アイヌ出身である彼は、まるで『七人の侍』の菊千代よろしく、虐げられる者と挑み奪う者の間を往き来し、やがて廃墟の中の希望となる。
     
     リアリティを追求した刀の接近戦は、銃撃戦よりも遙かに陰惨だ。復讐心、支配欲、生存本能…背徳感とは裏腹にどす黒い生命力さえ感じさせながら、人は誰しも許されざる者かもしれないという思いに到らせられる。

  • 相馬 学
    “死神”渡辺謙は真に許されざる者だった!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     個人的に大好きなクリント・イーストウッドの監督作、それもアカデミー賞受賞作。そんな傑作をわざわざリメイクするという試みには不安があったが、それを払拭するみごとな突き抜けぶり。オリジナルのユーモアや哀愁は消え去り、恐ろしくアクの強いドラマとなった。

     シネマスコープいっぱいに広がる北海道の雄大な風景に、まず圧倒される。そこで繰り広げられるのは業の深い人間の物語。生き延びるために雪原で追手を次々と刺殺&撲殺する主人公の姿をとらえた冒頭でそれを宣言するや、中盤は罪深き人々の群像が連なり、主人公が再び暴れ出すクライマックスはまさしく修羅場。人助けが転じて村を一個壊滅させてしまう。本作での渡辺謙は、ほとんど死神だ。バイオレンスはあくまで殺伐としており、そこから“業”が染み出てくる。これはもう、オリジナルでイーストウッドが演じた老ガンマン以上に“許されざる者”である。

     リメイクとはいえ物語の大筋を借りただけで、テーマも筆圧もまったく異なる力作。救いのない読後感は、むしろイーストウッドが監督した、もうひとつの名作に近いことを記しておきたい。

  • くれい響
    渡辺謙と柄本明の予想通りの熱演に尽きる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     オリジナルをリスペクトし、ほぼ踏襲しながらも在日コリアンである自身とアイヌの存在をシンクロさせて描いた李監督による脚本は、確かに評価すべきかもしれない。だが、オリジナルに特に思い入れがない人間にとっては、そんなことはどうでもいい。
     そもそも、なぜ今、日本映画界で『許されざる者』をリメイクする必要があるのか? 同じ李監督の『悪人』や、同じワーナー作品の『るろうに剣心』との共通項を探しながら観ても、その流れという答えしか見つからない。同じデイヴィッド・ウェッブ・ピープルズ脚本作で、渡辺謙主演なら『サルート・オブ・ザ・ジャガー』の方が観たいわけで…。
     
     渡辺謙と柄本明は予想通りの熱演を魅せてくれるので、“それ目的”なら問題はないが、それに尽きてしまうのも事実(佐藤浩市は明らかに監督にハンドリングされて消化不良)。
     ただ、雄大な北海道の大地を捉えた映像美。そして、これまで見えなかった三浦貴大の俳優としての可能性。この2点はしっかり評価したい。

  • 森 直人
    白土三平的なカスタマイズ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    とんでもなくハードルの高い企画だが、善戦以上の出来だと思う。撮影(笠松則通)など現場のスタッフワークも素晴らしいが、筆者が感心したのは監督・李相日の脚色だ。北海道の土地を見据えながら、江戸から明治への転換期の様相・情報を盛り込むことで、「神映画」たるイーストウッド作品にしっかり「上書き」を遂行した。

    物語の運びはほぼ同じながら、イーストウッド版が“西部劇へのレクイエム”的なジャンル映画の神話として屹立しているのに対し、李版は没落武士、アイヌ民族、女郎らを通して差別構造にタッチし、“描かれなかった歴史”をフィクションの形で記述しようとする。その意味で白土三平の劇画を連想した。また時代や社会に抑圧されるマイノリティの側に立つ視点は、『青~chong~』『BORDER LINE』から『フラガール』『悪人』まで、李相日が描き続ける「日本論」の延長にある。

    尤もオリジナルへの配慮が自由なエモーションを制限する、リメイクにありがちな罠から抜け切っていないのは否めず、どこか表現として堅い。しかし大勝負だからこそ、堅実な仕事に徹した李相日の判断は間違っていない。世界把握が正確な秀才の映画だ。

動画

映画『許されざる者』予告編
映画『許されざる者』特報第2弾
映画『許されざる者』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『許されざる者』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・アダプテーション脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『許されざる者』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『許されざる者』を見た【映画】クリント・イーストウッド監督の西部劇を李相日監督、渡辺謙・佐藤浩市らでリメイク from カフェビショップ (2014年3月11日 6時48分)
    うーむ、よくわからない。 衣装の汚し加減と雪景色はなかなかのものがあって よかったんすけど、 おもしろかったのかおもしろくなかったのか、 それすらもよくわからない感じだった。 クリント・イーストウッド監督の西部劇を 舞台を日本に変えてのリメイク作。 原… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「許されざる者」 クリント・イーストウッド版リメイク あらすじ&ネタバレ from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年1月5日 0時6分)
    クリント・イーストウッドが監督と主演を務めアカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇「 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「許されざる者」:プラス「詩情」が欲しいところ from 大江戸時夫の東京温度 (2013年10月13日 23時45分)
    映画『許されざる者』は、クリント・イーストウッド版をこの時代の北海道に置き換えた ...[外部サイトの続きを読む]
  • 許されざる者 from ダイターンクラッシュ!! (2013年9月26日 2時2分)
    2013年9月25日(水) 18:45~ 丸の内ピカデリー2 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 完コピかと思ったよ 『許されざる者』公式サイト クリント・イーストウッドの「許されざる者」の日本でのリメイク。 子供二人との貧乏生活。 年寄りの友人。 気取った賞金稼ぎが、ケチョンケチョンにされる。 主役が病気で死にかける。 年寄り抜けるも、つかまり拷問の挙句死亡。 最後の圧倒的強さ。 と、完全コピーかと思った。 が、イーストウッドの役は、以前、完全無欠な悪人のよ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【許されざる者】地獄で待ってろ from 映画@見取り八段 (2013年9月25日 4時41分)
    許されざる者     監督: 李相日    出演: 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一 公開: 2013年9月13日 2013年9月21日。劇場観賞。 原作…というか、オリジナルは1992年に公開されたクリン… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月9日の週の公開作品
  3. 『許されざる者』