シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
明日泣く
(C) 2011プレジュール / シネグリーオ
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2011年11月19日
(渋谷ユーロスペース ほか)
上映時間:
配給:
ブラウニー
カラー

チェック:『不良番長』シリーズの監督や『ルパン三世 風魔一族の陰謀』『幻魔大戦』の脚本を務めた内藤誠が『スタア』以来25年ぶりの監督復帰作として、色川武大(阿佐田哲也)の小説を映画化。小説を書くことができなくなってしまった小説家と日々気ままに生きるジャズピアニストの物語が展開する。主演は『悪夢のエレベーター』の斎藤工と、『ナチュラル・ウーマン2010』の汐見ゆかり。ストーリーを盛り上げるジャズ・ミュージックの数々にも酔いしれたい。

ストーリー:文芸誌の新人賞を受賞したものの、その後スランプに陥り、賭けマージャンに明け暮れる武(斎藤工)。ある日、ミュージシャンの島田(武藤昭平)に連れられて入ったジャズクラブで、武は高校の同級生でジャズピアニストのキッコ(汐見ゆかり)と再会する。無邪気に男たちを翻弄(ほんろう)するキッコに、武は複雑な感情を抱いており……。

明日泣く
(C) 2011プレジュール / シネグリーオ

ポスター/チラシ

  • 映画『明日泣く』ポスター
    ポスター
  • 映画『明日泣く』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 色川武大
企画・脚本: 伊藤彰彦
エグゼクティブプロデューサー: 坂本雅司
プロデューサー: 大野敦子 / 古賀奏一郎
音楽: 渋谷毅
脚本: 内藤研
編集: 冨永昌敬
撮影: 月永雄太
録音: 高田伸也
美術: 大藤邦康
スタイリスト: 小磯和代
ヘアメイク: 橋本申二
助監督: 菊地健雄
制作担当: 吉川久岳

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『明日泣く』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 内藤誠監督&汐見ゆかりインタビュー:映画『明日泣く』について【1/4】 from INTRO (2011年11月23日 17時15分)
    東映の『不良番長』シリーズやもはや伝説のカルト映画となった『番格ロック』、また『時の娘』『俗物図鑑』『スタア』など異色の自主映画で知られる内藤誠監督が25年ぶりに手がけた劇場映画は、監督自身も強い思い入れを持つ作家・色川武大の短篇小説の映画化である。この作品の公開にあわせて先頃、レトロスペクティヴや著書の刊行も実現し、いま再び映画ファンの注目を集める内藤監督と、主演のキッコこと定岡菊子を演じた汐見ゆかりさんにお話をうかがった。【1/4】 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 特集:明日泣く from INTRO (2011年11月11日 0時12分)
    『「嘘と夢」のジャズ映画』/特別寄稿:荻原 魚雷 色川武大、またの名は阿佐田哲也――。色川名義では純文学(映画やジャズに関するエッセイ集もある)、阿佐田名義では『麻雀放浪記』をはじめ、数々のギャンブル小説を残した作家で、他にも別のペンネームで時代小説などを書いていた)。「明日泣く」は“アイル・クライ・トゥモロウ”という小唄曲からきている。キッコ(定岡菊子)という「好きなことをして一生完遂... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年11月14日の週の公開作品
  3. 『明日泣く』