シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

ラム・ダイアリー

公式サイト:http://rum-diary.jp/
ラム・ダイアリー
(C) 2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved.
英題:
THE RUM DIARY
製作年:
2011年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2012年6月30日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
カラー

チェック:ジャーナリズム界の異端児と称された故ハンター・S・トンプソンの小説を基に、親友ジョニー・デップが製作、主演、企画をこなして映画化した伝記ドラマ。ニューヨークでの生活に疲れ、プエルトリコにやって来たジャーナリストが送る破天荒な日々を描く。監督・脚本は、『ウイズネイルと僕』のブルース・ロビンソン。ジョニーの恋の相手役を注目の新進女優アンバー・ハードが演じるほか、『サンキュー・スモーキング』のアーロン・エッカート、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンスが脇を固める。

ストーリー:1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っていたジャーナリストのケンプ(ジョニー・デップ)は、地元紙に記事を執筆するためにプエルトリコへやって来る。個性的なジャーナリスト仲間に囲まれすぐに現地に溶け込んだ彼は、ある日アメリカ人企業家のサンダーソン(アーロン・エッカート)と知り合う。やがて彼の婚約者であるシュノー(アンバー・ハード)と出会ったケンプは、彼女に惹(ひ)かれていくが……。

ラム・ダイアリー
(C) 2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved.

動画

映画『ラム・ダイアリー』特報
映画『ラム・ダイアリー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ラム・ダイアリー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラム・ダイアリー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラム・ダイアリー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ラム・ダイアリー』海外版オリジナルポストカード2枚セット(非売品)
    海外版オリジナルポストカード2枚セット(非売品)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラム・ダイアリー』の映画ニュース

  • ハリウッドスターのジョニー・デップと離婚した女優のアンバー・ハードが、泥沼離婚劇の末にジョニーから支払われた和解金約700万ドル(約7億円・1ドル100円計算)を寄付す...ちを助けるため」に寄付されるという。 『ラム・ダイアリー』(2011)での共演をきっかけに、2015年2...
  • 現地時間23日に女優のアンバー・ハード(30)が夫で俳優のジョニー・デップ(52)との離婚を申請したことを受け、26日、ジョニーの広報が Us Weekly にコメントを発表した。...の理由は「和解しがたい不和」だった。 『ラム・ダイアリー』(2011)での共演で出会ったジョニーとア...
  • 昨年2月に結婚した俳優のジョニー・デップと女優のアンバー・ハードが離婚届を現地時間23日に申請し、15か月の結婚生活に終止符を打った。TMZ.comや New York Daily News な...活を送っていた。 ジョニーはアンバーと『ラム・ダイアリー』(2011)で共演。当時ジョニーは14年連れ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ラム・ダイアリー」 from prisoner's BLOG (2014年6月27日 9時36分)
    原作はハンター・S・トンプソン。 主演のジョニー・デップはトンプソンによほど思い入れがあると見えて、以前やはりトンプソン原作の「ラスベガスをやっつけろ」に主演し、トンプソンのドキュメンタリーのナレーションを担当したりしている。 監督・脚本のブルース・ロビ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラム・ダイアリー」 ハンター・S・トンプソンって誰? from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2012年12月10日 0時2分)
    トンプソンって誰だよ? ジョニー・デップが親友でもあったジャーナリスト故ハンター ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジョニー・デップの『ラム・ダイアリー』を観た【映画】 from カフェビショップ (2012年12月4日 7時43分)
    「ラム・ダイアリー」 日記の映画化っていうやつっすかねえ。 今日はこんなことありましたという羅列だけのような。 日記でもいいんすけど、 それをどういう切り口で映画にするのかっていうのが この映画には抜けている。 ラブストーリーの様式で描くのか、 サ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ラム・ダイアリー』★ヘベレケでヨレヨレな、R40に、特にお勧めしたい~雑感です。 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年9月3日 20時54分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158015/ ↑ あらすじ・クレジッ ト はこちらを参照ください。     ハンター・ S ・トンプソン 氏原作です。     ハンター・ S ・トンプソン&ジョニー・デップ の組み合わせだと 『ラスベガスをやっつけろ』 が、思い出されます。   ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラム・ダイアリー from キノ2 (2012年7月10日 18時15分)
    ★ネタバレ注意★  ブルース・ロビンソン監督、アーロン・エッカート出演作です☆  『ラビット・ホール』からまだ半年ちょっとしか経っていないのに、もうエッカートとスクリーンで会えるとは、大変喜ばしいことであります。それもひとえにジョニー・デップが共演(主演とも言う)してくれたからこそですね。これからもエッカートさんはせっせとデップと組んで映画に出演していただきたいと思います。……ん、待てよ、エッカート自身が日本市場でも確実に公開される人気者になってくれさえすれば、デップさま頼みをしなくても確実にス ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年6月25日の週の公開作品
  3. 『ラム・ダイアリー』