シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
運命の子
(C) Shanghai Film Group Co., Ltd. Shanghai Film Studio / TIK FILMS / Stellar Mega Films Co., Ltd. / 21 Century Shengkai Film
英題:
SACRIFICE
製作年:
2010年
製作国:
中国
日本公開:
2011年12月23日
(Bunkamura ル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
角川映画
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

チェック:『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』などのチェン・カイコー監督が、司馬遷の「史記」に記され、2,600年もの間語り継がれてきた物語「趙氏孤児」を映画化した感動の歴史ロマン。謀略により滅亡させられた一族の子をめぐり、苦悩と葛藤(かっとう)が入り乱れる愛憎劇が展開する。一族の遺児を引き取る主人公の医師に、『活きる』でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞した演技派グォ・ヨウ。命と愛をテーマにした、チェン・カイコー監督ならではの作品世界が堪能できる。

ストーリー:中国・春秋時代、晋の国。敵対する武官・屠岸賈(ワン・シュエチー)の謀略により、皆殺しにされてしまった趙氏一族。そんな中、一族の子として生まれたばかりの男児が、出産に立ち会った医師・程嬰(グォ・ヨウ)に預けられる。男児を守ろうとすることで自分の子や妻を殺されてしまった程嬰は、ひそかに屠岸賈への復讐(ふくしゅう)を誓う。

運命の子
(C) Shanghai Film Group Co., Ltd. Shanghai Film Studio / TIK FILMS / Stellar Mega Films Co., Ltd. / 21 Century Shengkai Film

動画

映画『運命の子』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『運命の子』ポスター
    ポスター
  • 映画『運命の子』チラシ
    チラシ
  • 映画『運命の子』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
原典: 司馬遷
エグゼクティブプロデューサー・プロデューサー: チェン・ホン / チン・ホン
エグゼクティブプロデューサー: レン・チョンルン / ロン・チウユン
美術: リウ・チン
エンディング曲: タン・ジン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『運命の子』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 運命の子 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年6月12日 16時13分)
    争いに巻き込まれ妻子を殺された男が子供を使い15年かけて恨みを晴らそうとする中国の古典。 戦闘シーンもすさまじいが、父親と息子の愛憎物語。父親のように慕う男が親の仇だと知った少年がどのように決断... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 運命の子 from 別冊 社内報 (2012年1月22日 16時14分)
    原作が「史記」では、難癖つけるわけにもいかず。 新聞の映画評で、戦闘シーンのスタントに手を加えすぎている点を批判されてましたが、確かに。 チェン・カイコー監督といえば「北京ヴァイオリン」。 一生懸命育てる父親と子の話を撮るには、このひと。 ■ 札幌劇場にて  ■ 公式サイト ...[外部サイトの続きを読む]
  • 運命の子 from キノ2 (2012年1月19日 21時26分)
    ★ネタバレ注意★  チェン・カイコー監督の『黄色い大地』は、わたしが初めて(それと意識して)観た中国映画だったのですが、そのときのものすごい衝撃はほんっとに忘れ難いです。爾来、監督の映画を観ることはわたしにとっていつも大いなる楽しみでした。世評がいまいちだった作品も含めて、みんな大好き。(『キリング・ミー・ソフトリー』だけはさすがになかったことにしてますが(汗))。  そのチェン監督が『史記』を映画化!  嬉しすぎてドキドキしながら公開を待っていました。  紀元前7世紀、中国は晋の国 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 運命の子/どうにも理に叶わない復讐劇 from LOVE Cinemas 調布 (2011年12月30日 1時8分)
    『さらば、わが愛/覇王別姫』のチェン・カイコー監督が、司馬遷の「史記」に記された「趙氏孤児」を映画化。謀殺されたある一族の子を我が子と妻を犠牲にして助ける医者は、やがて来る復讐の日を想いその敵の臣下として働くのだった…。主演は『狙った恋の落し方。』のグォ・ヨウ。共演に『レイン・オブ・アサシン』のワン・シュエチー、『孫文の義士団』のファン・ビンビンらが出演している。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 運命の子 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2011年12月25日 0時12分)
    運命の子 (角川文庫)「史記」に記された有名な物語を映画化した歴史絵巻「運命の子」。愛、復讐、犠牲、葛藤が入り乱れる愛憎劇だ。中国・春秋時代、晋の国。武官・屠岸賈(とがん ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年12月19日の週の公開作品
  3. 『運命の子』