シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
灼熱の魂
(C) 2010 Incendies inc. (a micro_scope inc. company) - TS Productions sarl. All rights reserved.
英題:
INCENDIES
製作年:
2010年
製作国:
カナダ/フランス
日本公開:
2011年12月17日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:『渦』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督と脚本を務め、レバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの原作を映画化した珠玉の人間ドラマ。中東からカナダに移り住んだある女性の壮絶な人生を、過去と現代を行きつ戻りつしながら映し出す。『パラダイス・ナウ』のルブナ・アザバルが陰のある母親を演じ、その娘を、カナダのテレビで活躍するメリッサ・デゾルモー=プーランが演じている。過酷な生涯を生きた女性の胸に秘められた思いに涙する。

ストーリー:ある日、カナダで暮らす双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マキシム・ゴーデット)の母親ナワル(ルブナ・アザバル)が永眠する。後日、長年彼女を秘書として雇っていた公証人(レミー・ジラール)により、母の遺言が読み上げられる。その内容は、所在がわからない自分たちの父と兄に手紙を渡してほしいというもので……。

灼熱の魂
(C) 2010 Incendies inc. (a micro_scope inc. company) - TS Productions sarl. All rights reserved.

動画

映画『灼熱の魂』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『灼熱の魂』ポスター
    ポスター
  • 映画『灼熱の魂』チラシ
    チラシ
  • 映画『灼熱の魂』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『灼熱の魂』魂のレターセット
    魂のレターセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
挿入歌: レディオヘッド

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『灼熱の魂』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 灼熱の魂 from 映画のメモ帳+α (2016年3月9日 0時8分)
    灼熱の魂(2010 カナダ・フランス) 原題   INCENDIES 監督   ドゥニ・ヴィルヌーヴ 原作戯曲 ワジディ・ムアワッド 脚本   ドゥニ・ヴィルヌーヴ 撮影   アンドレ・トュルパン 音楽   グレゴワール・エッツェル 出演   ルブナ・アザバル メリッサ・デゾルモー=プーラン       マキシム・ゴーデット レミー・ジラール 第83回(2010年)アカデミー賞外国語映画賞ノミネート ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『灼熱の魂』★ 憎しみを一生分の愛に変えた魂の抱擁 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年4月4日 22時55分)
          映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340637/rid71/p1/s0/c1/   ネタばれ表示ですが、ボカしたつもりなので、未見だとなんだかわからないかと思います ……   哀しい母の物語です。   私の娘が引っ越したことなど、ヒロインの不幸とは比べ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「灼熱の魂」 from 元・副会長のCinema Days (2012年3月17日 7時27分)
    (原題:Incendies ) はっきり言って“有り得ない話”である。しかし、ストーリーの背景とキャラクターの配備を徹底的に煮詰めれば、かくも求心力の高いドラマに結実する。まさに題名通りの“灼熱のドラマ”であり、観る者を最初から最後まで画面に釘付けにするヴォルテー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 灼熱の魂 from キノ2 (2012年3月14日 22時4分)
    ★ネタバレ注意★  フランス・カナダ合作の、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品。  カナダ在住のレバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの同名戯曲が原作である由。2010年度のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。(この年の受賞は『未来を生きる君たちへ』)。  ナワル・マルワン(ルブナ・アザバル)は、中東の小さな村で生まれた。宗教の異なる難民の男性と恋に落ちたが、一族の名誉を汚すとして、男は殺され、生まれた赤ん坊とは引き離され、追われるように都会の大学に出る。数年後、内乱が勃発し、孤児院に ...[外部サイトの続きを読む]
  • 灼熱の魂 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2012年3月6日 0時9分)
    Incendiesクチコミを見るミステリアスで上質な人間ドラマ「灼熱の魂」。現在と過去を行き来する緻密な構成が素晴らしい。初老の中東系カナダ人女性ナワルが、謎めいた遺言を残して死 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年12月12日の週の公開作品
  3. 『灼熱の魂』